So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ブリュッセル、ザーベンテム空港駅の自動改札機 [鉄。]

今年ベルギーに行った時のお話。
ブリュッセルのザーベンテム空港に到着して、鉄路で移動しようとした時、
遂にご対面となったのがコレ。


IMG_0228_800_600

空港駅の自動改札機です。
普通の日本人には何じゃラホイ? ですよね(^^;
実はベルギー国鉄の駅には、自動改札機はないんです。
多分コレ、ベルギー国内初なんじゃないかな?
ブリュッセルの地下鉄には付いてるんですけどね、国鉄駅で他に自動改札はないはず。

ベルギーの国鉄は車内検札がデフォルトで、フランスやイタリアのように
ホームで切符に乗車駅名と時刻を刻印する機械すらありません。
今でこそ、自動券売機がどこの駅にも常設されるようになったけど、
昔は駅の窓口が開いてないと切符も買えないで乗り込んで、
車掌さんから直接切符を買うこともしばしば。
そんなんですから、無賃乗車で電車を降ろされる乗客もよく見かけます。


DSC03625_600

そんなユルーいベルギーで、何も知らずに入国して空港駅で自動改札機とご対面していたら、
きっとビックリしてたと思うんですけど、何と、偶然にも2年前から知ってたんです(^^;
上の写真は2015年5月に帰国するときに、空港駅で撮影していた写真。
最初の写真とあまり変わらない感じですが、
コレ、たまたま自動改札機を設置しているところだったんですよ!
左のガラス壁の所でしゃがみこんでいるのが作業員さん。


DSC03624_600

ひゃーーー、こんなの設置するんだ!
と、1人で盛り上がってパシャパシャ写真撮りまくる変なジャパニーズ(^^;
で、当時は何も思わなかったけど、この記事書くのに写真を見返していたら、
この改札機、向きが逆な気がするんですけど(^^; 気のせいかな?
ボタン押して扉開くのって、改札の内側だと思うんだけど、これ、外側だよ(笑)


DSC03620_600

切符をスキャンする場所はココ。向こう側は駅の外(^^;
多分、設置したばかりで向き間違えてたんじゃないかな(笑)


DSC03621_600

1つ前の写真ですでにお気づきとは思いますが、ここが超レア(?)写真。
設置している途中なんで、何かLANケーブル的なものがプラプラしている(・∀・)
なかなかこういう場面に出くわすことはないですからね〜。
これもきっと、鉄の女神様のお引き合わせ☆


DSC03619_600

まだ機能していないので、通り抜けられるとは言え、みんな興味津々で見ていきます。
(写真撮っているのはワタシだけでしたが…笑)


DSC03623_600

しかもいろんな角度から、しつこく撮影(^^;
そういえばリニューアルした空港駅を紹介してなかったナ、と思いつつ。

それが2015年のこと。本来であれば、去年この自動改札機を利用していたはずなんですが、
例の空港テロのお陰で、行きは空港閉鎖していてアムステルダム経由。
帰りは空港駅の営業が再開したばかりで、ここを通らない別のルートで空港外へと誘導されたから、
今年の春が初利用になった訳です。さて、どうやって使うんだ?(^^;

…と言うのも、私は基本、ベルギー国内の長距離移動にレイルパスを使っていて、
それが1年間有効だから、前の年の使い残しを持ってきて使ってるんです。
試しにレイルパスをかざしてみたけど、反応ナシ。ちょうど近くに駅の係員さんがいたから
聞いてみたら、窓口でディアボロを買いなさいと言われました。

そこでベルギーに慣れていない旅行客なら第2の試練(笑)
ディアボロ? ナニ?? ですよね。

ディアボロ(DIABOLO)は空港まで新しい線路を引くプロジェクトの名称で、
その建設費を空港駅利用者にも負担してもらおうという、追加料金です。
随分前から徴収されてるんですけど、まだ終わらないなー。
例年はそれを車内で車掌さんに払っていたから知ってたんです。
国鉄のサイトを確認したら、どうやら空港駅に自動改札機(ゲート)を設置したのも、
ディアボロ絡みの模様。ってことは、まだまだ徴収が続くのかな?(^^;
ちなみにこの自動改札機が運用開始になったのは、2015年の6月1日って出てました。


iPhone2017_244_600

下がディアボロのチケット。5.20ユーロ。結構高いです。
今のレートだと、700円近い(^^;
チケットの右側にあるコードを自動改札機でかざすと、扉が開く仕組み。
その写真は、スーツケース抱えたツーリストには難易度C(^^;

普通は空港駅で切符買えば、このディアボロが含まれた料金になるから
「高いな〜」で、終わりになるんですけどね。
私はレイルパスを利用するから、別途このディアボロ切符が必要になります。

ちなみにディアボロは、空港駅から出発する時だけ徴収されるシステムのようで、
空港駅に降りる時には取られたことはありません。

この時は、どうせ窓口に並んで切符買うんだったら、ついでに新しいレイルパスも買っておこうって、
買ったのが上のチケット。今年は1ユーロ値上がりしていて、77ユーロでした。
しかし、片道7ユーロで10回電車に乗れるのは、かなりお得です☆


iPhone2017_239_600

いつもは電車の到着時間に合わせて空港のクイックで時間つぶして駅に移動するけど、
今年は自動改札が気になっていたので、早めに移動していたから、窓口で切符買っても
余裕で電車に間に合いました。目的地のコルトレイク直通なので楽ちん。
しかも2階建ての電車だー☆ …いや、スーツケースあるから2階には上がりませんけど(^^;


iPhone2017_255_600

空港駅からコルトレイクまでは1時間35分の長旅なんで、空港駅の売店で新聞と雑誌を
買うついでにアイスティーと甘パンを購入。雑誌2册買ったから、支払い20ユーロ近かった(^^;


IMG_0241_800_600

でも、今春で引退の選手が表紙の雑誌だったんで、買わないわけには行きません(笑)


iPhone2017_256_600

右はレーズン入ってるスイスロール、左は大好物のフランジパンヌ。
サンドイッチも売ってたけど、ついつい甘パンを買ってしまう(^^;
…あれ、空港駅の自動改札機とディアボロを紹介する「鉄。」話のはずが、
最後は「美味しいもの」になってしまったナ(笑)


【ベルギー国鉄で多分唯一自動改札機がある空港駅】




nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ベルギーのハンバーガー屋さんといえばクイック@2017 [おいしいもの。]

当ブログではちょくちょく登場するベルギーのハンバーガー屋さんと言えば「クイック」。
マクドよりちょっと安いし、ベルギーでは店舗数も多いかな?


iPhone2017_236_600

クイックはブリュッセル空港にもあります。
到着階の外にあって、遅くまで営業しているので、電車待ちには最適。
それが今年行ったら、何かシックにリニューアルしていてビックリ。
あれ? 去年ってどうだったっけ? と、思い返し、去年は空港テロのせいで
行きはブリュッセル空港を使っていなかったことを思い出したのでした(^^;
…なんかすごく昔のことのように感じるけど、まだ去年の話なんですよね。


iPhone2017_233_600

もっと原色使ったカラフルな店内だったような気がするんですが、
すっかりオサレな感じにイメチェン。パノスもそうだけど、ベルギーはそういう流れ?
夜の8時過ぎはあまりお客さんいなくて、写真取り放題(^^;


iPhone2017_235_600

ここでいつもカプチーノを頼んで電車を待ちます。
以前は2ユーロ台だったと思ったけど、今年3ユーロに上がっていた。空港値段?(T_T)
長旅の疲れのせいか、ここではいつもあまり食べる気がしなくて、
バーガーセットは頼んだことないんですよね。

ポテトのニオイが充満しているし、椅子もテーブルもなんとなくオイリーだし、
カプチーノも別に美味しくはないんですけど(多分日本のマクドの方が美味しい)
治安が良いとはいえない空港内、しかも夜間に、ここは比較的安全な感じでいつも利用してます。
新しくなった空港駅に何かあればいいんですけど、そっちは売店すらないんですよね…。

そう言えば、トレイも赤からこげ茶に変わったな、クイック。
なんて思いながら、大体ここで1時間近く時間を潰すのでしたφ(..)

…って、ハンバーガー屋さんの紹介しておいて、ハンバーガー出さないですみません(^^;

【クイック@ブリュッセル空港】



https://www.quick.be

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

東フランダースの石畳[パーテルバルフ] [石畳。]

自転車レースネタが続いてすみません(^^;
つか、私、基本自転車レースを観にベルギー行ってるんですけど(爆)

本日のお題は、フランダースの石畳を紹介するシリーズ第二弾。
東フランダース州のクライスバルフンにあるパーテルバルフ(Paterberg)です。
バルフが付くので石畳の坂になります♪
ベルギー最大の自転車レース「ロンド・バン・ブラーンデレン」のコースです。

ridley2016_day2_166


昨年、ロンド前日の一般参加レースを観に行った時に撮影した看板。
坂のふもとに設置されてました。長さはたった400メートルですが、
平均勾配が13%、最大勾配が20.3%でゴザイます(^^;
…いや、20%超えると、歩いて上るのも結構キツいっス。


ridley2016_day2_161_600

去年は一般参加レースの日に小雨降ったり止んだりだったんで、
こんなどんよりな写真になってしまいました。
パーテルベルフのふもとはこんな感じ。
一般参加レースは毎年1万6000人も参加するので(!)
朝から晩まで、こんな感じでサイクリストたちがへーこら上っていきます。
でも、大半は途中で挫折して、自転車下りて上ります(^^;


IMG_0366_600

今年E3・ハールビークというレースで観戦に来た時は、
うっすら曇っていたけど、まあまあの天気。
坂の上の道路に車を停めたので、これは坂の頂上から見下ろしたところ。
結構な坂なんですよね(^^;


IMG_0382_600

周囲はのどかな牧草地帯。
東フランダースは「フランダースのアルデンヌ」と呼ばれるだけあって、
本当に起伏があります。ベルギーって、まっ平らじゃないんですよ(^^;


IMG_0370_600

選手が通過するまでまだ時間があったけど、結構お客さん来てました。
暖かい日だったので、のんびり座ってレース待ち。サイコー。
ちなみにコレ、平日金曜日です(^^; みんな、会社はー?(笑)
ロンドのような大きいレースだと日曜日だし、こういう坂は人気の観戦ポイントなんで
ものすごいヒトが集まります。なのでコースの両側にフェンスが設置されますが、
このレースはフェンスなし。それが後で災いに…(T_T)


E3_2017_2569_600

お約束の石畳の石チェック。この坂は近年舗装し直したっんだっけっかな。
ベルギーでは10年くらい前に、(レースで使う)主要な石畳の坂の補修をしたんです。
昔はもっとガタガタでしたから。それがツボだったんですけど(^^;


E3_2017_2574_600

アップにすると何かいろんな種類の石があるの、わかりますね。
オウデナールドにあるロンド・センター(博物館のようなもの)の展示に
石畳の種類を解説したヤツがあったんですが、もうすっかり忘れている(^^;


E3_2017_2570_600

ちょっと隠れちゃっているけど、パーテルバルフは3種類のサイクリング・ルートに
組み込まれています。これはその案内板。


E3_2017_2576_600

頂上から数10メーター下がったポイント。下から選手が上がってくるのが
見渡せるので、ここで撮影することにしました。
反対側は逆光になっちゃうから、こっち側。


E3_2017_2579_600

もうすぐ通過です☆ 観客もスタンバイ。


E3_2017_2578_600

振り返るとこんな感じ。

で、私は上がってくる選手を望遠で撮影しようと思って準備していたんですが、
選手が上がって来た途端に観客が半端なく道路にはみ出し、
坂の下の写真なんて全く撮れない状態(T_T) 完全な判断ミス。

実はこういう人気の坂でレースを観るのは久しぶりだったんですよね。
レースでこの坂に来たのも、10年以上前。

そこで慌ててレンズを70-300の望遠から18-200に付け替え、
何とか自分の横を選手が通過する時点には間に合いました。


E3_2017_2585_600

そんなバタバタで撮れた写真。ああ、ベルギーチャンピオン、
望遠で下から上がってくる姿を連写で撮影したかった(T_T)


E3_2017_2654_600

地元のスター選手が通過すると、とにかく観客の熱狂ぶりがヒートアップするので、
こんな感じで指差しているところが入ったり。思ったような写真は撮れません。
とは言え、天気だから安物の暗いレンズでもピントは合っている(^^;


E3_2017_2660_600

実は選手たち、こういう坂では石畳を上がるのを嫌って、
道の端にある平らな場所を走るんです。用途としては、雨水が流れる浅い溝なのかな。
なので観客はこんなに道路にはみ出し(汗)増々選手は石畳を走れないんですけど(^^;
(と言ってる自分も道路の反対側でおとなしくしていたら写真撮れないので、
道路の真ん中まではみ出しているんですけどね…笑)

本当、さっきまで旦那さんとおだやかに喋っていた奥さんが、
選手来た途端に、狂ったように応援を始めてビックリ。
選手にぶつかりそうな距離まで近づいて、こぶし振るって応援しちゃいますから。
イヤ、ベルギーあるある。実はオバちゃんの方が熱狂的なファン(^^;


E3_2017_2748_600

優勝候補が揃った前のグループが通過した後、後ろの集団が通過する時には
観客の熱狂も落ち着き、こんな風に撮影できるんですけどね(^^;
何か10年前より観客の熱狂ぶりがスゴイ気がするのは気のせいだろーか。


E3_2017_3004_600

この坂の手前で発生した落車事故に巻き込まれて遅れていた世界チャンピオンが
通過する時には、再び観客が盛り上がりましたが、何とか撮影できてました。
私も慣れてきたからか…(笑)
しかしまあ、私のなんちゃって一眼と安物のレンズでは、これが限界(^^;

パーテルバルフは短いけどキツいので、結構レースの要所になります。
ここでまだゴールまで40kmくらい残っているから、1時間は走るんですが、
この日のレースもここで有力選手が前に抜け出して、勝敗が決まりました。

と言うような、自転車レースを毎年観るために、ベルギーに行ってるのでした☆
って感じで、生暖かく見守っていただけると幸いです。
(また旅行らしい内容も紹介します〜笑)

【パーテルベルフ@クライスバルフン】



nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -