So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

西フランダース州の田舎町、ウィーブルヘムは自転車レースがゴールする町☆ [自転車♪]

コルトレイクからローカル線に乗って2駅のウィーブルヘム。
普通の観光客は、まず行かない西フランダースの田舎町(^^;
でも、ヘント〜ウィーブルヘムという自転車レースのゴールになっているので、
私は毎年行ってます☆ その時の町の様子をちょこっと紹介。


IMG_0651_600

前回紹介したウィーブルヘム駅から町の中心地へと向かう通りにある帽子屋さん。
上の文字が切れている、微妙な写真ですみません(^^; シャポーって書いてあるんですよね。


IMG_0653_600

お店の写真がちゃんと撮れてなかったのは、そもそもの目的がガラスに貼られてた
このポスターだったから(^^; 商店街の皆さん、みんなレースのポスター貼ってくれてます。
…って、書いたけど、田舎だから商店街って言うほど店舗並んでないけどサ(笑)

IMG_0655_600

こっちはスポーツ用品店のショーウインドー。
自転車選手の等身大パネル、どこから入手したんだろう?(・∀・)?


IMG_0656_600

町の教会。ベルギーはカトリックの国なんで、町の中心に必ず教会があるので便利☆
(遠くから眺めて、どこが町の中心かすぐわかる。プロテスタントのオランダではそうはいかない)


[ウィーブルヘムの教会]



この教会が面している大通りがレースのゴール☆


IMG_0669_600

撮影したのは前日の夕方でしたが、もうコースにはフェンスが設置されていて、準備万端☆
遠くにゲートがあるの、見えるかな? それがフィニッシュラインです。
その左側にあるのは役場の建物。裏手は大きな公園で、一番奥に図書館があります。


IMG_0660_600

ゴール地点に設営されているこの建物は、知る人ぞ知るスポルザの中継ルーム。
スポルザはベルギー国営放送VRTのスポーツチャンネル。その自転車レースの中継の中で、
実況席とは別に設置される中継ルームで、レース前は関係者の解説、
レース後は選手のインタビューが撮影される場所なんです。
ベルギーのレースファンはそれをよく知っているので、この下で選手の出待ちをしてます(^^)
すごいのは、200km走ってきた選手が、すぐここに呼ばれてTV出演することかな。


IMG_0658_600

これは大通り沿いにあるカフェの横っ腹。
ここには毎年レースの応援画が飾られています☆
…レースの時はいつもお客さんがいっぱいで入ったことないけど、
中にスヌーカー(ビリヤード)の台があるのかな?


IMG_0661_600


前日(土曜日)は一般参加レースをやっていたので、アマチュアサイクリストが大勢いました。
最近、ベルギーのレースはプロのコースを走れる一般参加レースが盛んです(^^)


IMG_0664_600


受付の案内矢印。


IMG_0662_600

受付になっていたのは、ウィーブルヘムのカルチャーセンター。
小さい町だけど、こういう施設がちゃんとあるあたり、やはりレースの招致をするような
スポーツが(自転車が?)盛んな町なんだなあと思います。


IMG_0666_600

この角度だと、教会が見えるな☆


IMG_0663_600

カルチャーセンター内で売っていた、ウィーブルヘムのトートバッグ。
欲しかったけど、もう窓口閉まっていて買えなかった(T_T)


IMG_0668_600

写真撮っていたら、ちょうど飛行機が飛んでました。
後で気がついたけど、近くに国際飛行場があるんですよね(^^;


IMG_0676_600

これは一般のご家庭? 窓にたくさんレースのポスターが貼られていました。
ベルギーあるあるです(^^) ←レース好きが多い国なので。


IMG_0674_600

このポスターは、去年レースのコースに入ったエリアの紹介。
大戦中、戦場になった場所だったかな? ベルギーはワテルローもあるし、
ミリタリーヲタクが喜びそうな場所、多いんですよね(^^; (私はさっぱりわからないけど)


IMG_0670_600

これは食料品屋さんの窓辺に飾られていたホールのチーズ。
チーズも詳しくないんですが、ゴーダチーズみたいなセミハードタイプってヤツかな?
熟成度合いで3種類あって、右下が「JONG=若い」、中央上が「VIEUX=年寄り」、
左下が「GERIJPT=熟成した」。ちなみに私はJONGが好きです。
って、今ふと思ったけど、何故か年寄りだけフランス語?(^^;


IMG_0671_600

フランドリアンってブランド、いいですね☆ 
ベルギーではフランダース地方の過酷な自転車レースに強い選手を
「フランドリアン」と呼んで称えます。
このブランドもロゴに自転車乗りを使ってるんですよね(^^)

https://www.flandrienkaas.be/nl

サイトがありました。フムフム、JONGは6週間、GERIJPTは6ヶ月、
OUD(VIEUX)は12ヶ月熟成させたチーズのことなんですねφ(..)
ふわふわっとしか知らなかったけど、ちゃんと熟成期間が決まっているようです。
ちなみに、私が昔知り合いから習ったのはJONG→OUD→GERIJPTの順だったので、
間違っていたことが判明(^^; まあ、JONGしか食べないので問題ないんですけど。


IMG_0672_600

最後は駅から目と鼻の差にあるカフェの看板。
レース当日は、夜遅くまで観客がここにたむろしてビールを飲んでます(^^;
いつもそれを横目に「電車来ちゃう〜〜〜!」って走ってるので(笑)
のぞいて見たことはないんですけど(^^;

という感じで、自転車レース目線で撮影してきたベルギーの田舎町写真集でした(^^)/*

[ウィーブルヘムはベルギーのこの辺り]


 
nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

西フランダース州の田舎町、ウィーブルヘムの駅舎 [鉄。]

コルトレイクから1時間に1本のローカル線で2駅目にある小さな町、ウィーブルヘム。
西フランダース州の田舎町シリーズ? というわけではありませんが(笑)
ここも毎年レースで必ず訪れる町で、以前カフェを紹介しました。


IMG_0641_600

Wevelgem って綴ります。これでウィーブルヘム。読めませんね(^^;


IMG_0642_600

左側が駅舎。ここはプラットホームが2本あって、真ん中に上りと下りの線路が2本あるタイプ。
駅舎はこちら側にしかなく、逆側はプラットホームのみ。
ベルギーって、このタイプの駅が多いと思います。プラットホームが真ん中に1本だと、
階段とかトンネルとか作んなきゃならないからかな。


IMG_0647_600

電車通過後に、改めて撮影(^^) 振り返ったので、右が駅舎。
(左手の茶色い建物は駅関係ではありません)


IMG_0646_600

結構立派な駅舎ですが、実は機能していません(^^;
以前は営業していたと思うんですけど、4時くらいに営業終わっちゃうので(通学用?)
開いてるのを見たことなかったんですが、数年前に駅舎がカフェになってました。


IMG_0649_600

去年の4月に撮影した時はまだカフェで、ジュピレルって有名なビールの看板ぶら下がってたんです。
が、今、地図で確認したら、美容室に変わっちゃってました。変わるの早いなー(^^;


IMG_0645_600

以前はレース後にこの駅から電車乗ろうとすると、もう駅舎が閉まっていて切符が買えず、
車内で車掌さんから直接切符を買ってたんですが、最近はこの通り、無人駅でも自動券売機が
設置されているので、どうしよう無賃乗車になっちゃう(汗)ってドキドキしなくてすみます。
年間通して雨の多いベルギーですが、この券売機、大抵ちゃんと動いているからスゴイです。

車内で車掌さんから直接切符を買うスマートな方法を伝授。
電車が到着すると、大抵車掌さんは一度電車を降りて乗降を確認するので、
その時点で声をかけて「駅が閉まっていて切符買えなかったんだけど」と、言っておきます。
そうすると、一緒の車両に乗り込んでくれて、すぐに切符を売ってくれたり、
「じゃあ後で行くから、乗ってなさい」って言ってくれます。
こうしておけば、無賃乗車と疑われたり、罰金取られることはないです。
(通常、切符を持たずに電車に乗ったら罰金なんですよね)

…しかし、ローカル線の場合はそもそも車掌さんがサボって(笑)駅についても
電車から降りてこないこともあるんですけどネ。まあ、そういう時は検札も回ってきません(^^;


IMG_0650_600

横から見た駅舎。左側にプラットホームがあります。夕方5時過ぎで、ちょっと夕日な感じ。
ここの駅舎は新しいですね。戦争で消失したのを再建したのかな?


IMG_0678_600

駅前通りの反対側から撮影した駅舎全景。帰りに撮影したので、1時間半後くらいかな?


IMG_0679_600

ウィーブルヘムは、コルトレイクから来た電車が停まるプラットホームが
町の中心部側にあるので、行きはよいよい帰りは怖い。
そう、帰りの電車が停まるプラットホームは、踏切のある線路を越えないといけないんですよ(^^;
上の写真は渡りきってホッと一息な写真(笑)うっかり電車到着ギリギリの時間になっちゃうと、
踏切が降りてしまって、電車が通過するまで待たなければならないという…(^^;
しかも、プラットホームに入る入口が渡ってすぐにはなくて、自転車置場を越えた先(^^;
何回か死ぬ思いで走って、電車に乗ったことがあります。ベルギーあるあるです。
2駅しかないけど、1時間に1本だから逃すと痛い(>_<)


IMG_0680_600

これって、紹介したことあったかな。ベルギーのローカル駅には、こんな雨と風を避けるための
施設があります。何ていう名前かわかりませんが、中に椅子はなく立ちっぱなし。
バス停だと、中に椅子があるんですよねえ…。
しかし、風の冷たい朝晩はこれがあると本当に助かります。


IMG_0683_600

こんな具合に電車待ち(^^)


IMG_0684_600

電車到着☆ ローカル線は古い車両使うのがデフォなベルギーです。

次回はウィーブルヘムの街中をちょこっと紹介します(^^)/*




 
nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

レオニダスの秘密? [おもしろいにゃ〜。]

女と男と菓子屋の祭典…もとい、バレンタインデーが近づいてきましたネ。
通勤途中のプラザにも、ベルギーのチョコレート屋さんが出店してました。
ベルギーと付いたら注文するor買う運動(?)もこの時期はお休み。
1粒200円も300円もするチョコ要らないし、そもそも美味しくない(^^;
出稼ぎで日本にいる時はダース派ですが、今週はダースよりも安いバンホーテンのチョコ
(スーパーで1箱88円! 笑)をおやつに食べてました(^^;


IMG_0692_600

去年もこの時期ネタにした「レオニダス」のタマゴチョコ。
またいくつ入ってるか数えるの忘れたけど、15個〜20個くらいかな。
値段は6.65ユーロ。去年紹介したのと同じくらいかな。

よく見ると、パッケージの上の紙にはCOCOAって書いてあります。
実はコレは、コルトレイクにあるお菓子屋さんで購入したレオニダスのチョコなんです。
最近気がついたんすが、レオニダスってベルギーでは町のチョコレート屋さんのイメージで、
結構小さい町にもお店があるんですが、どうやら全部が全部正規店ではないようです。
レオニダスの看板が出てるから、てっきり正規店だと思ってたけど、フランチャイズ店?(^^;
こういうことに詳しくないので正しい言い方がわかりませんが、取扱店なのかな。

ベルギーではパン屋さんでもプラリネのチョコレートを売っていて、
有名店のチョコを置いている店もあるって聞いたことがあるんですが、
レオニダスも町のお菓子屋さんに卸しているってことなんでしょうね。
ちなみにワタシ的正規店と非正規店の見分け方は、支払いにカードが使えるか否か(笑)


IMG_0695_600

余談ですが、上の袋に入っていたタマゴチョコの中に、こんなん入ってました(^^;
日本ではあり得ない。さすがヨーロッパ。もちろんフツーに食べましたよ。
タマゴチョコは多分イースターの時期限定品だと思うけど、
チョコレート屋さんに行くと他のプラリネみたいに味ごとに分けて並べられていて、
好きな味を選んで買うことも可能。私は面倒だから、ミックス袋を買っちゃうけど。
何が出るかお楽しみなところも好きだし(^^)

ちなみに日本で買える高級ベルギーチョコレートを食べる気がしないのは、
最近ベルギーのチョコレートってナマモノだなあと思うようになったのもあります。
賞味期限は結構長く書いてあるけど、私が気に入っているチョコ屋さんのチョコは
2週間経ったら味が落ちます。やっぱり買いたて=作りたてが美味しい。
…ああ、そんなゼイタクを言うような人間にはなりたくなかった…。
ということで、戒めにグリコの神戸ショコラ(これも好き)食べて満足します(・∀・)
 
nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -