So-net無料ブログ作成

ベルギー発、ダム・ブランシュ@コレクション2014 [おいしいもの。]

アキバのベルギービール屋さんで、ハーシーの(正確にはハーシーズでした…笑)
チョコソースっぽいのがかかっていたダム・ブランシュを食べたあと、
そういえばベルギーのって、チョコはどんなんだったかなあと思い始め…。

…甘くて美味しければそれでいいので、
あまり気にしていなかったことに思い当たりました(^^;
(味オンチ…笑)


DSC00982_600

という事で、久しぶりにダム・ブランシュを紹介。
これは2014年にルーバンのメインストリートにある「Coffee Cup」というカフェで食べた
正統派のダム・ブランシュ(笑) でも、チョコが元々かかっているタイプですね☆
テーブルまで運ばれてくる間に、トレイにチョコが垂れてましたが(^^;


[Coffee Cup@ルーバン]



http://www.coffeecupleuven.be


ここのカフェはカウンターでオーダーしてお金を払ってから着席するシステムで、
最初知らずに着席してボンヤリしてしまった(^^; その後、テーブルにあった
メニューに「オーダーはカウンターでしてね」って書いてあるのを発見したのでした。
(つまり、待っていても店員さんは来てくれない。ベルギーではめずらしい)


DSC00949_600rotate

こちらは同じく2014年にリエージュ・パレ駅に近いオペラ地区にある
ブラッスリー「Le Britannique」で食べたダム・ブランシュ。
ここのチョコは内蔵型。チョコソースが見えないから、何じゃコリャになっている(笑)


[Le Britannique @Liege]




…やはり、本場ベルギーのダム・ブランシュの特徴は、チョコの種類云々ではなく、
これでもかってほどのっかっている生クリームな気がしますね。
で、全部たいらげるわけですけど(爆)

今年も里帰りしたら、コレクション増やしてきますね〜(^^)/*


nice!(21)  コメント(4) 

ベルギーでロードレースのシーズン開幕! [自転車♪]

先週末にシクロクロスのシーズンが終了した我が故郷ベルギーは、
いよいよ今週末からロードレースのシーズンが開幕します\(^o^)/
ハイ、一年中自転車レース三昧なベルギーです☆(正確にはフランダース地方限定?)

開幕戦はオムロープ・ハットニュースブラッド(西フランダース訛…笑)
東フランダース州の州都ゲントがスタート&ゴールのレースです。
当ブログではちょくちょく出てくる新聞社「ハットニュースブラッド」が主催するレースで、
昔はハットフォルクというローカルの新聞社がやっているレースでした。
でも、その新聞社はハットニュースブラッドに吸収されてしまって、もうなくなってしまい、
レース名も変わった次第。でも、古い人間なんでついついハットフォルクって言ってしまう(^^;


vlaamseardenne

選手たちが走るのはこんな田舎道です。これは舗装路なので走りやすい(笑)


paterberg

ベルギーのいわゆるクラシックと言われるレースのコースには、
こんな石畳の道がたくさん含まれているのが特徴です☆
しかも、「フランダースのアルデンヌ」と呼ばれる東フランダースは丘陵地帯なので、
写真のように石畳が坂道(笑)もー、本当に何を好き好んでこんな道を自転車で走るんだよ、
と、皆さん感じることでしょう。それが勇猛なフランドリアンなのです(笑)

それはさておき、去年の春も相変わらずのお天気だったので、写真もどんより(^^;
「1年の300日が雨」と言われるベルギー。そりゃあ言い過ぎだろうと
思うかもしれませんが、実際毎日小さな国のどこかで雨が降っているんじゃないか?
ってくらい、本当に雨の多い国です。でも、湿度は低い。それはいつもナゾ。

開幕戦の気温は最低1度C、最高9度C。体感温度は3度Cくらい。
まだまだ寒い中でのシーズンインです(^^;
スペイン、フランス、イタリアのように南の温かいエリアがある国よりもシーズン開幕が
1ヶ月遅いのは、やっぱりベルギーは北にあって寒いから。

私が里帰りする1ヶ月後には、もう少し暖かくなっているといいナ(^^;
(多分最初の1週間はこんなもんだと思うけど…笑)


[東フランダース州の田舎道をぐーぐるまっぷで空から観ると萌える!(笑)]


 
nice!(16)  コメント(3) 

我が街ルーバン近郊で脱線事故(´・ω・`) [にうす。]

2月18日に、ベルギーで国鉄の脱線事故がありました。
それが何と、私がいつも滞在しているルーバン近郊(´・ω・`)
しかも私が以前はしょっちゅうお世話になっていたドパンヌ行きの路線。
ルーバンを出発して、ブリュッセル方向に走り出したところでの脱線で、
多分先頭車両がひっくり返っちゃってました。
最初の報道だと原因は不明。でも、近くに住宅があるエリアじゃなくて不幸中の幸い。

私は毎日ハットニュースブラッド(あ、西フランダース訛になっちゃった)という
一般紙のサイトをチェックしているので、この事故がトップに出ていてビックリしました。

http://www.nieuwsblad.be/cnt/dmf20170218_02738027

でも、翌日もYahooには載っていなかったな。
日本的には大きなニュースではなかったようです。
後日、AFPにはニュースが出ていました。

http://www.afpbb.com/articles/-/3118385?pid=18742565

DSC06832_700.JPG

脱線しちゃった赤い扉の電車、このコかな(´・ω・`)
ドパンヌ行きの路線は、昔は平日と土日でゲント〜ブリュッセル間のルートが違っていて、
土日だとローカルな駅にたくさん停まって時間がかかったんだけど、今もそうなのかな?

何年か前にも、ブリュッセル郊外のハルという町で大きな事故が遭ったのを覚えています。
大好きな電車がひっくり返っちゃっている姿は悲しいです(´・ω・`)

[事故現場、このあたりかな?]



nice!(17)  コメント(3) 

アキバのベルギービール店「ウルビアマン」のダム・ブランシュは… [ベルギー@日本]

昨年アキバにオープンしたベルギービールのお店「ウルビアマン」に、先月行きました☆
ネットで調べたら、モトネタ(?)の醸造所は、私が昔滞在していた
西フランダースの村から15kmくらいしか離れていないディクスムイドの郊外で、
ちょっと親近感を持ちながらの来店。そしてお目当ては、デザートメニューにあった
「ダム・ブランシュ」(笑)←メニューはまず最初にデザートをチェックする。


DSC09929_700.JPG

場所は秋葉原UDXビルの1階。最近アキバ行かないので、こんなビル出来ていたの知らなかった(^^;


DSC09859_700.JPG

ベルギービール店に来たら樽生たのまなければ意味がない!
ということで、私はリンデマンスのアップル。左側のです。
このグラス、ピーチ用の気がするけど、細かいことは気にせず(笑)
アルコール3.5%なので、飲みやすいフルーツビールでした。

このお店を教えてくれた同行者はお店の名前「ウルビア」が付いた銘柄をチョイス。
この黄色いゆるキャラはビール酵母、つまりオリゼーちゃんの友達ですね(^^)


DSC09870_700.JPG

おしゃべりしているうちにフリッツは冷めてしまって堪能できず(^^;
冷めたら美味しくないのって、まあアレなんですけど(苦)
そしてマヨネーズの少なさに泣くベルギー人(T_T)


DSC09895_700.JPG

「デ・ドレ印のウルビアパテ」は、パテの上にウルビアビールを使ったジュレが乗ってました。
パテはあまり得意じゃないんですけど、これは食べやすかったです。
ウルビアマンの小旗が超かわゆす。モチロン、お持ち帰りしました(笑)←子供。


DSC09900_700.JPG

お待ちかねのカフェタイム! なんですけど、カプチーノを注文したらシナモンパウダーかかってきて
めっちゃへこみました(>_<) ←日本風のシナモン入ったカプチーノが苦手。
「ベルギー西フランダース州にある醸造所の世界初の店舗」って触れ込みなんだから、
カプチーノはせめてクリーム大量のヤツにして欲しかった(T_T) ←それはまずない(笑)


DSC09913_700.JPG

気を取り直して、楽しみにしていたダム・ブランシュ登場!
…テーブルでかけてくれたけど、このチョコソース、ハーシー?(・∀・)?
お味は我が家で作るレディーボーデンとハーシーチョコソースの
なんちゃってダム・ブランシュでした(^^;
いや、ディスっている訳ではない。ハーシー大好きよ。ハーシー美味しいよ。
しっかし、アーモンドスライス乗せちゃうの、日本人好きだなあ(T_T) ←アーモンドもキライ。


DSC09911_700.JPG

同行者のブリュッセル風ワッフルは、まったくブリュッセル風ではなかったけど(笑)
お皿可愛くてキレイに盛り付けられていていい感じ。

…だったんですけど、実際にはハズレ(>_<) 味見させてもらったんですが、
多分このワッフルは冷凍したあったもので、冷凍庫のニオイが付いちゃった感じ。
コーヒーチェーン店のタルトとか、時々ありますよね。タルト生地にニオイ付いちゃっているヤツ。

ウルビアマン、ゆるキャラかわいいし、樽生ビールも美味しいし、
お店のロケーションも雰囲気も、店員さんの接客もいいのに、そこだけ残念。
イヤイヤ、ここはベルギービールの店なんだから、デザートはオマケ(^^;
ベルギーに関しては、ついついハードルを上げてしまうフランドリアンでスミマセン。
またそのうち、樽生のベルギービール飲みに行きます(^^;


[ウルビアマン@アキバ]



[De Dolle Brouwers @Diksmuide]



http://www.dedollebrouwers.jp

nice!(13)  コメント(6) 

ミッフィーのお父さんが天国へ召されました(´・ω・`) [お隣さんのよしみでオランダ情報]

BEL2015_29_800.JPG

ミッフィー、もといナインチェのお父さん、ディック・ブルーナーさんが天国へ召されました。
去年オランダへ行ったとき、拠点にしていたのがブルーナーさんの故郷ユトレヒトで、
有名な信号機も拝んできたんですよね〜。
里帰り前に、その時の記事を書こうかなあと思っているところでした…。
(でも先に2014年にイタリア行った話を書きたい。←ネタあまり過ぎ)

子供の頃、「子供がはじめて出会う本」で、うさこちゃんを愛読していたけど、
それ以外にはよく知らないブルーナーさん。天国でウサギの子供たちに囲まれているのかなあ。

ちなみに、ナインチェは自転車レースでも活躍(?)していて、
2015年にツール・ド・フランスがユトレヒトで開幕した時には、
広告キャラバンカーになっていたり、写真のようなぬいぐるみが売られていたりしました。
…って、私がこれを買ったのはツールではなく、4月のリエージュですけどね。

☆以前紹介したミッフィーのチョコレートの記事→ http://mooi-belgie.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21

[ディック・ブルーナーさんの街、ユトレヒト]



https://www.nijntje.nl

nice!(15)  コメント(4) 

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(後編) [旅行情報?]

(前回までのあらすじ)
昨年5月、爆破テロ後に営業を再開したばかりのブリュッセル・ザーベンテンム空港を使って
日本へ戻ってきた時の話を紹介中。中編ではチェックインが完了したところまでφ(..)


DSC06855_700.JPG

8時50分に空港駅に到着し、チェックインを済ませてスーツケースを預け終わって10時。
フライトは11時半だったので、まだこの時点で1時間半ありました。
覚悟していたほど時間がかからなくて、ホっとしました。

チェックイン・テントの隣は椅子のある待合スペース。
ここまで来て休むヒト、いるのかな?(^^;


DSC06857_700.JPG

出発ゲートへと向かう導線をたどって、簡易テントの出口に到着。
この先はやっと空港建物の中…しかし、「非常階段経由」になってました(^^;
私は重たいスーツケースを預けて重たいリュックだけだったからまだマシだけど、
機内持ち込みのキャリーバッグを持っている利用客は、
それを持って階段を上らなければならない仕様…。
簡易テントからうまいことエレベーターかエスカレーターのある場所に
つなけれられなかったんですかねえ…(^^;


DSC06858_700.JPG

しかも、目的地は3階でした(^^;;;
キャリーバック持った初老の利用客が途中で行き倒れて…もとい休憩してましたよ(^^;
私もリュックにカメラ機材一式+パソコン入っているので、結構しんどかったです。


DSC06859_700.JPG

上がった先はココ。普段、セキュリティーチェックをしているエリアかな?
(この辺りは最近新しくなったので、イマイチ記憶にありません)


DSC06861_700.JPG

こっから出てきました。この先が非常階段。


DSC06860_700.JPG

この窓は、元々こんな感じだったのか、それともテロ後に補強されたのか??


DSC06862_700.JPG

稼働していないセキュリティーチェックエリアを抜けて、先に進みます。


DSC06863_700.JPG

ここでまさかの「エスカレーターで下に降りなさい」RPG(>_<)
えー、さっきえっちら階段上がった分、返してよ~(汗)
…簡易テントから2階には直結できなかったのか??


DSC06864_700.JPG

しくしくしながら、1階分降りました(T_T)


DSC06865_700.JPG

途中トイレのマークを撮影してみたり…


DSC06866_700.JPG

新しくなった空港フリーWiFiのポスターを撮影してみたり。
そうなんです! 以前はWiFi飛んでても私のiPhoneでは繋がらなかったのに、
新しいWiFiはFacebookかgmailでログインすれば使えるテレネットのになったんです☆


DSC06868_700.JPG

やっと免税店エリアに到着。結局チェックイン終わってからここまでで15分かかりました(^^;
私はここでお土産のチョコレートを買わなければならないミッションがあるけど、
免税店に用のないお客さんも、ここを通過しないと搭乗口には進めない順路(^^;;;


DSC06882_700.JPG

買い物を済ませ、無事時間通り搭乗口に到着(^^)/*


DSC06883_700.JPG

本当に昨年は帰国までに空港機能が回復してくれていてよかったです。


DSC06888_700.JPG

そんなこんなで、昨年の里帰りはいろいろ大変だったけど、終わりよければなんとやら。
長年通い続けているといろいろなことがありますが、今年は何もないことを祈っています(^^)/*


nice!(13)  コメント(2) 

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(中編) [旅行情報?]

さて、いよいよ帰国…もとい日本へ11ヶ月の出稼ぎへと出発する日。
帰国直前はオランダに滞在していたのでベルギーのニュースが見られず、
現状を把握できていなかったンですが、知り合いのオランダ人が
「荷物検査に時間がかかり過ぎて、自分のフライトに乗れない人が大勢出たから、
検査は全員ではなく怪しそうな一部の利用客になったよ」って教えてくれました。


DSC06833_700.JPG

もし、空港の問題が続くなら、行きと同じくアムステルダムから帰国しようかなと
思ったんですが、フライトもほぼ予定通り運行。ほぼ、と言うのは出発時間が
1時間遅れたから。でも、遅れる分には早起きしなくて済むのでオケー(^^)


DSC06834_700.JPG

もう一つ心配だったのは、空港地下に直結している鉄道駅が、
4月中はずっと閉鎖されたままで、空港へ行くにはタクシーか自家用車しかないって
言われていたコト。ちゃんと調べてなかったけど、バスも運休だったのかな?

もし、その状況が続くのであれば、出発前日は予定を変えて、
空港近くのシャトルバスが出るホテルに泊まらないとな〜って思ってたんですが、
(モチロン、ノボテル以外…笑)
私が帰国する日までには、無事空港駅も営業再開していました。
(それまではこの路線を電車は走るけど、空港駅は止まらず通過していました)


DSC06835_700.JPG

空港駅に到着したのは8時50分。フライトは11時半だったので、2時間40分前でした。


DSC06837_700.JPG

ホームから1階上がると、普通は空港施設につながっているエレベーターで
出発階に上がるんですが、この日は違う方角に導線がありました。
そうだろうとは思っていたけど、やっぱり鉄道の地下ホームから直接空港には
入れないのか…でも、警備のヒトが意外と少なくて驚きました。


DSC06838_700.JPG

飛行機が上向きなのが出発階。わかりやすいですね(^^; (到着階は下向き)


DSC06839_700.JPG

記憶が確かではないんですが、この前にも一回エスカレーターかエレベーターを
使っているんじゃないかな。ここは地上階。スーツケース持って階段上がった記憶はない(^^;


DSC06840_700.JPG

進んでいくと、航空会社によって行き先が1と2に分けられていました。


DSC06841_700.JPG

私はSASなので2番になります。


DSC06842_700.JPG

鉄道利用客と駐車場利用客が合流して人が増え、ちょっとドキドキ(^^;


DSC06843_700.JPG

フライト・インフォメーションがあったので、自分のフライトを確認。


DSC06844_700.JPG

導線にしたがって、空港施設から外に出ます。


DSC06845_700.JPG

ニュースで見覚えのあるテントがありました。ここまで駅から10分かかりました(^^;


DSC06846_700.JPG

荷物検査のテント内。こういう所って、通常撮影NGとか看板出ているものなのに、
この時はなかったので撮影。利用客の多い時間帯なので(テロが起きた時間帯でもある…)
もっと長蛇の列かと思いましたが、意外と並んでませんでした。
…そのせいか、検査は利用客全員が対象になっていました(^^;


DSC06847_700.JPG

検査は10分で終了し、次のテントへ移動。


DSC06848_700.JPG

振り返って撮影。


DSC06849_700.JPG

次のテントは、チェックインまでの待合スペースでした。


DSC06850_700.JPG

その一角に、テロで犠牲になった方々を悼むメッセージボードがありました。
手前のPegaseというのは空港サービス会社なので、テロで犠牲になった方がいたのでしょう。


DSC06851_700.JPG

そこまであまり実感がなかったんですが(ヤバイ気配も感じなかったし)
これを見て、本当にあのテロが起きた場所なんだなと、しみじみ感じました。
撮影、どうしようかなと思ったけど、心に刻むために残しました。テロ、許すまじ。


DSC06853_700.JPG

私のフライトはもうチェックインが始まっていたので、すぐに隣のチェックイン・テントへ移動。
こんな風に、簡易的なカウンターが並んでいました。もちろん自動のベルトコンベアなどなく、
預けたスーツケースはすぐ後方で作業員のおっちゃんたちが荒っぽく投げているのが見えて、
すんごく心配になりました(T_T) …コワレモノは入ってないけど、
スーツケースが安物だから、一番のコワレモノ(苦)


DSC06854_700.JPG

さすがにこんな簡易カウンターで数も少ないため、チェックインは40人くらい待っていました。
この時点で9時20分、チェックイン完了したのは40分後の10時でした。
でも、早めに空港来ていたので、出発まではまだ1時間半ありました。

で、いつも心配な計量は(荷物多いから、いつも2kgくらいオーバーしている)
隣の航空会社がアナログな体重計みたいなの使って計っているのでドキドキしていたのに、
SASはまったく計ることなどせずにスルーでした。そういう所、SAS大好き。
(だから他の航空会社は使えない。日系とかKLMとかシビアなんだもん)


DSC06856_700.JPG

簡易テント内には自販機が充実。ここで長時間待たされた人も多いんだろうなあ。
私が利用した時は、意外とスムーズで助かりました(^^;


ちょっと長くなってしまったので、一旦休憩。後編につづきます(^^)/*

nice!(17)  コメント(6) 

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(前編) [旅行情報?]

今年の里帰りの前に、去年の帰りの話を記録しておかなければ。
昨年3月22日に、我が故郷ベルギーのザーベンテム空港(ブリュッセル空港)は、
爆破テロに遭いました。出発はちょうど1週間後で、そのミッション遂行はすでにレポート済。
今回は、帰国…もとい出稼ぎに出てくる時のお話です。

私の帰国は1ヶ月ちょっと後ではありましたが、テロから2週間ちょった経った
4月4日に空港へ行く機会があったので、まずはその時の話から。
たしか、数日前に閉鎖は解かれたけど、まだ2割くらいしか稼働してなかった時だと思います。


zaventem.jpg

それは仕事で参加した、某ツアーの最終日。
一人の参加者が、翌朝のフライトで帰国する予定だったのに、朝メールを確認したら
その日の早朝便に変更になりましたと連絡が来ていたとか。
当時は航空会社も混乱していたんでしょう。

とにかく、空港のカウンターで直接確認するからということで、ツアー主催者のクルマで
やって来たザーベンテム。あ、ちなみに空港が通称ザーベンテムなのは、
ブリュッセル郊外のザーベンテムって町にあるから。東京成田空港と同じです(^^;;

空港入口の手前で1回、軍隊さんの検問がありましたが、さすがに撮影はできず(^^;
これは空港駐車場の入口。ここで運転手が職員と何やら深刻そうに話をしていたので、
何か問題があるのかとビビっていたら「駐車場は地下しかないんだけど、車高が高すぎると
入れないかもって」とのこと。入れるのは190センチだったんだけど「オレ、身長190センチ」
という運転手が自分のクルマの車高と背比べして、大丈夫そうだと確認(笑)
無事、駐車場にクルマを入れることができました(^^;


zaventem1.jpg

空港の係員さんが教えてくれたルートを使わず、テープで閉鎖された階段を使って
外に出た同行者たち(汗)不審な動きはやめてくれ〜、と思いつつ撮影(^^;


zaventem2.jpg

道端に献花があったくらいで、テロの傷跡を感じさせる光景はありませんでした。
爆破されたのは出発カウンターだったから、ここは場所がちがってたんだろうな。


zaventem3.jpg

フライトは翌日早朝であることが確認できたので、空港施設内のシェラトン・ホテルに
行ってみたら、休業中。「えー、閉まってるの??」ってオモテをウロウロしていたら
中にいた従業員が出てきてくれました(^^;

空港近くにはたくさんホテルがあるので、シェラトンで紹介してもらって移動。
とりあえず一番近かったノボテルへ行き、彼は「早朝出発だから宿泊しなくても、
ロビーで待機させてもらうだけでいいんだけど…」って、相談してみましたが、
宿泊者でなければロビーの利用はNGと断られ、結局120〜130ユーロを支払って宿泊。
こんな非常事態な時に、ひどいホテルだなあと思いました。
彼は格安航空会社を使ってベルギーへ来ていたので
「フライトよりホテル代の方が高い」と、苦笑いしていました。

しかも、もしかして足元見られて高い金額提示されたのでは??(苦)
…月曜夜だったから、本当はもっと安かったんじゃないかな。
彼のようにフライト待ちの宿泊客がたくさんいそうな雰囲気もなく、閑散としていたんですけど。
ノボテルのイメージが一気に悪くなりました。自分で予約して泊まったことはないけど、
選択肢に入ることがあったら避けようφ(..)メモメモ


brussel.jpg

私はその時、その日から滞在するアパートまで送ってもらうために同乗していたんですが、
鉄道で帰国する参加者もいたので、クルマは空港の次にブリュッセル中央駅へ向かいました。
期せずして、テロに遭った地下鉄のマールビーク駅の前を通過。
上の写真はマールビーク駅手前のロータリーです。駅はシャッターが降り、献花があふれ、
軍隊さんが警備していた光景をよく覚えています。

…オランダから入国して、ブリュッセルを避けて移動していたのに、
こんなにも早く2カ所の現場に行くことになるなんて、思ってもみませんでした。
テロに遭ったマールビーク駅って、自分が以前ブリュッセルで滞在していたエリアの
すぐ近くだったんですよね。そう考えると怖いですね…。

しかし、何故か私はこの日iPhoneしか使っていなかった(^^; しかも魚眼。
自分ではコンデジであちこち撮影したつもりだったんだけど、1枚もナシ。
どうしてだったのかは、謎です(^^;

私以外のツアー参加者は、全員その週に帰国したんですが、それぞれ大変な目に遭ってました。
シャルルロワ空港出発だって言われて行ったのに、到着したらリエージュ空港に変わっていて、
慌ててタクシーで移動したってヒトもいました。本当にあの時は大混乱だったんだなあ。

帰国間際にSASの運行状況を調べたら、4月は本数を減らしていて、
ザーベンテム以外の空港発着になっていました。
5月はどうなるのかな? と、思っていたら、5月2日にテロがあった
空港の出発階がやっとオープンして、空港機能が8割回復。それは夕方のことだったんだけど、
翌日は朝からフライトが増えて利用客も増え、空港大混乱(>_<)

敷地内外に作られた荷物検査のテントに長蛇の列ができていて、2時間以上待たされると
ニュースになっていました。私の帰国は1週間後。それまで混乱は続くのか??

ドキドキしながら、後半に続きます(^^)/*


[ザーベンテム空港@ベルギー]



nice!(10)  コメント(2) 

今年の里帰りもスカンジナビア航空で☆ [旅行情報?]

iPhone2014.4_481_800.JPG

暦の上で春になり、恒例の里帰りの時期が近づいてきました(*^^*)
いろいろ悩みに悩んで、先日やっと航空券を購入。
今年もSASことスカンジナビア航空です。…欧州系で最安値ですから(^^;

今年は昨年よりも早めに行って、早めにに帰る予定。いつもより短めです。
最初、行きたい日付で検索かけたらSASが出なくて、売り切れてしまったかと
ビビリましたが、そう言えば毎日運行ではなくなったって聞いた気がしたので、
一日ずらしたら、ちゃんと出てきました。そうか、水曜日は飛ばないんだ…φ(..)

航空券が7万円、日本の空港使用料が2610円、その他諸税などが21040円。
それと手配料が540円。悩んでいて2月になったら、3000円引きのクーポンが出たので、
合計91190円でした。(去年はイースター料金で12万超えたからな〜)

SASで直接買うと8万円台で買えたんですが、HISは空港ラウンジクーポンの
プレゼントをやっていたので、それに釣られてしまいました(^^;
(実は去年ももらっていた…そのレポートはまた後日)

航空券を予約した日に、ホテルの手配もすべて完了。準備万端…ではなく、
今年はパスポートを更新しなければならないのでありました(^^;
今日、申請用紙をもらってきたので、来週行かなければ!

てな具合に、里帰りが近づいてきて浮足立ってますが、
ちょっとゆとりがあるで、今のうちにブログ更新頻繁にやっておきます!

最近ちょっとブログの「アクセス解析」ってのを見るようになったんですが、
古い記事でもぽちぽち見に来てくださっている方がいるので、
やっぱりコンテンツ多い方がいいんだなあ〜と、実感。

もっとマニアックなベルギーネタを更新しなくっちゃ☆ (イヤ、メジャーなのもしろって…笑)

ちなみに今日の写真はちょくちょく紹介しているホーグリードの教会の桜。
2014年に撮影したもので、この時は満開でした。
毎年この桜の開花状況が楽しみなんですが、昨年は仕事で行けず…
今年はどうだろう? いろいろスケジュールが変わっているので、これから調べなければ(^^;

[ホーグリードはココです♪]




nice!(14)  コメント(6) 

ピザハット・レストランの食べ放題メニュー [おいしいもの。]

日本では宅配ピザが主流のピザハット。
ベルギーではあちこちにレストランがあります。
長らく利用したことはなかったんですが、2014年に知り合いが車の修理をするために、
修理屋さんがあった郊外のショッピング・センターへ行く用があり、
修理待ちの時間つぶしに立ち寄りました。


iPhone2014.4_482_800.JPG

…今日も無駄にiPhoneの魚眼写真(^^;
この店舗では、食べ放題メニュー「ピザ・ビュッフェ」がありました☆
お値段は10ユーロくらいだったかな。ドリンクは別。シェーキーズみたいな感じ?
(あ、シェーキーズって昔はドリンク別料金だったけど、今はドリンクバーになったんだっけ)


iPhone2014.4_483_800.JPG

シンプルなピザが中心だけど、5〜6種類ありました。


iPhone2014.4_484_800.JPG

新大陸のピザがキライなわけじゃあないけど、
ベルギーにいてわざわざ利用することもないよな〜って思ってましたが、
食べてみると普通に美味しかった(*^^*)


iPhone2014.4_485_800.JPG

うれしかったのは、ソフトクリーム食べ放題メニューがあったこと☆ ←子供(笑)
2ユーロくらいで、自分でソフトクリーム・マシーンで盛り付けるんだけど、トッピングが充実♪


iPhone2014.4_486_800.JPG

いろんなトッピングをかけてしまいました(笑)うまうま〜。
…コレ、子供しか食べてなかったですけどね(^^;
(子供の列に並んで盛り付けるアヤシイ東洋人…笑)

ピザハットの食べ放題レストラン、ググったら一時期日本でも展開していたんですね。
でも、ほぼ閉店していた。流行らなかったのかなあ。残念(^^;


[ルースラール郊外のショッピング・センターにあるピザハット]


 
nice!(16)  コメント(4)