So-net無料ブログ作成

カフェ&レストラン「パトラッシュ」@ホーボーケン [カフェ@ベルギー]

「フランダースの犬」の舞台として日本で(笑)有名な
アントワープ郊外のホーボーケンという小さな町を紹介しています。

メーデーの休日に町中で開催されたローカルな自転車レースを観に来たのですが、
海外で困るのはトイレ(^^; レースのときは下手すると10時間くらいトイレに行かなくても
大丈夫な特異体質なんですが、それって多分大きいレースで緊張しているからで(笑)
それはさておき、海外でトイレ行きたくなったら、一番てっとりばやいのが
カフェに入って休憩して、トイレを借りること。お客さんはタダで利用させてもらえます。
(ちなみに駅やデパートなんかのトイレは掃除婦さんがいるので、チップを払うのが普通)


DSC01019_600

カフェ文化があるベルギーでは、どんな小さい町でも大抵カフェはありますが、
ホーボーケンで偶然見つけたのがココ。その名も「パトラッシュ」!(・∀・)!


20140501_hoboken_104_600

ネロとパトラッシュの銅像がある脇道近くの、メインストリート沿いにあります。
これ見つけたときは、「完全に日本人観光客狙いぢゃないか?!」って思いましたが、
意外とフツーに地元の人たちが入っている、いかにも田舎町のカフェです☆
このパトラッシュのイラストが超ツボ。なんか哀愁あって好きです。


DSC01049_600

休憩を兼ねてコーヒーを注文し、帰り際にトイレを借りました。
まあ、緊急の場合は先にトイレ行かせてってお願いすればOKですけど(^^;
ここのコーヒーには、自家製のスポンジケーキが付いてました☆
田舎町のカフェは、こういうところが好き(^^)
コーヒーは…フツーのコーヒーでした(^^;


iPhone2014_1849_600

私が利用したのはテラスのカフェスペースですが、ここはレストランも併設してます。
小柄だけどぽっちゃり系の女将さんがカフェもレストランも1人で切り盛りしてました。


DSC01051_600

トイレスペースはとても広くて、すごくきれいに飾り付けされていてびっくりしました。
このウサギちゃんは、トイレの外の洗面台に飾られていたものです。女将さんの趣味なのかな?
ちなみに、フランダースの犬的なものは何も飾られていませんでした(^^; ←ベルギーでは無名だから。

最初はトイレ借りる目的で入った「パトラッシュ」ですが、今ではホーボーケンに行く時は
必ず入るカフェになっています。いつかレストランも利用したいんですけど、
いつも自転車レースに夢中になっちゃって、のんびりご飯食べている時間はないんですけどね(笑)


[パトラッシュ@ホーボーケン]


 
nice!(18)  コメント(5)