So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行情報? ブログトップ
前の10件 | -

里帰りの準備中… [旅行情報?]

DSC07488_600

今年の里帰りもいよいよ来週に迫ってきました。
連休明けにはスーツケースを空港に送るので、この週末が荷作り祭の追い込み(^^;
いやあ、何年経っても旅慣れないというか、あれこれ持って行きすぎるんですよね。
日本はいろいろ便利な国だから、逆だったらこんなに持っていかないのだろうけど。

何がイチバン困るって、ヨーロッパは日用品が大抵大容量なコト(^^;
日本のようなトラベルサイズとか使い切りサイズとか、ほとんどないですもんね。
食品もそうで、塩なんて超巨大なヤツを毎年買って、1割か2割しか使わず捨ててくる(^^;
数ユーロだからできるわけですけど。

あと、私の場合は写真撮影機材とPC周辺機器が多すぎるのも難点。
しかもそれは手荷物でしか運べない(^^; ←ロスバケったら泣くし。
物量的にフィルム100本持って行ってた時代と結局変わらない気がします。

週末にとても悲しい出来事があったけど、荷作りが忙しいので逆に気が紛れていいかな。
そんな今日この頃です。写真はいかにもベルギーな、にぎやかな空にしてみました。
昨日は気温17度Cで、「春が来た」ってニュースになっていました。
いつもこの時期は、東京よりちょっと気温が低かったり、
最高気温は一緒でも、最低気温がぐっと低いんですけど、本当に今年は暖かいみたいです。

…って、そういう時は持っていく着るものをどうするか、また迷うんですよね(^^;


タグ:ベルギー
nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

はじめての航空券キャンセル→再予約(汗) [旅行情報?]

故郷ベルギーで自転車ロードレースのシーズンが開幕する日の前夜、
仕事の途中で何気なく開いたメールを見て、怖れていたことが
起きてしまったと知り、しばし呆然(^^;
私が里帰りから帰国した日の翌日に、絶対外せないイベントが
開催されることが決まってしまったのです。

元々そのイベントの日程発表待ちをしていて今年の予定が立てられずにいたのですが、
さすがに2月になってしまったので、イヤな予感がしつつも帰国日を決めてしまったんですよね。
というか、それっていつもだったらまだベルギーにいる時期だったんですけど、
うっかり会社の仕事のことを考えてしまった自分が悪い(苦)
本当に想定内だったので、悔やまれるばかり…。

と、うだうだしていても仕方ないので、航空券を手配したH.I.S.に問い合わせたのですが、
私の購入した商品は変更ができないものだったので、一旦キャンセルして、
新たに予約しなければならなくなりました。
去年の航空券も変更できないって書いてあったのに、問い合わせたらできたんですが、
その違いがシロウトにはまったくわかんいないです(汗)

去年は空港爆破テロのせいで人生初の航空券予約変更をしたわけですが、
今年は人生初のキャンセル(>_<)
20年ベルギーに通っていて、そういう状況に直面しなかったのが不思議なくらいなのかな。

しかし、9万円の商品のキャンセル料が3万円って、実際経験すると高いですよね~(T_T)
手数料は540円だけど、手配会社はボロ儲けだなと思ってしまう。

再予約した航空券は1万円高かったので、今年の里帰りはキャンセル料金込みで飛行機代が
13万円超えてしまいました。まあ、元々そのイベントのためにもう一度ベルギーへ行くつもりで
4年間500円玉貯金していたから、安く済んだと思えば…トホホ(T_T)

帰国便は、第1希望だとブリュッセルからコペンハーゲンの便がなくて
(6:30のフライトはあったけど、物理的に無理。空港行く電車まだないって)
第2希望だったけど、ゴールデンウイーク中でよく取れたなあ…という感じ。
私が使うスカンジナビア航空は、アエロフロートを除くと(笑)欧州系最安値なので
いつも結構早くに売れてしまうんです。

最初の予約の時にも思ったけど、やはりテロの影響でヨーロッパ旅行は敬遠されているのかな?

schelde2016_0953_1000_600

で、問題のイベントは、我が故郷のチャンピオン、ポーネンの引退イベント(^^;
4月第2日曜日のレースを最後に引退することは発表されていたんですが、
引退イベント情報がなかなか出なかったという訳です。
引退撤回もあり得るから、本当に引退するまで保留? かと思ったのにな。

そんなこんなでもう3月に入り、里帰りもカウントダウン。
また更新がまばらになりますが、ご容赦下さいませ m(_ _)m


nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(後編) [旅行情報?]

(前回までのあらすじ)
昨年5月、爆破テロ後に営業を再開したばかりのブリュッセル・ザーベンテンム空港を使って
日本へ戻ってきた時の話を紹介中。中編ではチェックインが完了したところまでφ(..)


DSC06855_700.JPG

8時50分に空港駅に到着し、チェックインを済ませてスーツケースを預け終わって10時。
フライトは11時半だったので、まだこの時点で1時間半ありました。
覚悟していたほど時間がかからなくて、ホっとしました。

チェックイン・テントの隣は椅子のある待合スペース。
ここまで来て休むヒト、いるのかな?(^^;


DSC06857_700.JPG

出発ゲートへと向かう導線をたどって、簡易テントの出口に到着。
この先はやっと空港建物の中…しかし、「非常階段経由」になってました(^^;
私は重たいスーツケースを預けて重たいリュックだけだったからまだマシだけど、
機内持ち込みのキャリーバッグを持っている利用客は、
それを持って階段を上らなければならない仕様…。
簡易テントからうまいことエレベーターかエスカレーターのある場所に
つなけれられなかったんですかねえ…(^^;


DSC06858_700.JPG

しかも、目的地は3階でした(^^;;;
キャリーバック持った初老の利用客が途中で行き倒れて…もとい休憩してましたよ(^^;
私もリュックにカメラ機材一式+パソコン入っているので、結構しんどかったです。


DSC06859_700.JPG

上がった先はココ。普段、セキュリティーチェックをしているエリアかな?
(この辺りは最近新しくなったので、イマイチ記憶にありません)


DSC06861_700.JPG

こっから出てきました。この先が非常階段。


DSC06860_700.JPG

この窓は、元々こんな感じだったのか、それともテロ後に補強されたのか??


DSC06862_700.JPG

稼働していないセキュリティーチェックエリアを抜けて、先に進みます。


DSC06863_700.JPG

ここでまさかの「エスカレーターで下に降りなさい」RPG(>_<)
えー、さっきえっちら階段上がった分、返してよ~(汗)
…簡易テントから2階には直結できなかったのか??


DSC06864_700.JPG

しくしくしながら、1階分降りました(T_T)


DSC06865_700.JPG

途中トイレのマークを撮影してみたり…


DSC06866_700.JPG

新しくなった空港フリーWiFiのポスターを撮影してみたり。
そうなんです! 以前はWiFi飛んでても私のiPhoneでは繋がらなかったのに、
新しいWiFiはFacebookかgmailでログインすれば使えるテレネットのになったんです☆


DSC06868_700.JPG

やっと免税店エリアに到着。結局チェックイン終わってからここまでで15分かかりました(^^;
私はここでお土産のチョコレートを買わなければならないミッションがあるけど、
免税店に用のないお客さんも、ここを通過しないと搭乗口には進めない順路(^^;;;


DSC06882_700.JPG

買い物を済ませ、無事時間通り搭乗口に到着(^^)/*


DSC06883_700.JPG

本当に昨年は帰国までに空港機能が回復してくれていてよかったです。


DSC06888_700.JPG

そんなこんなで、昨年の里帰りはいろいろ大変だったけど、終わりよければなんとやら。
長年通い続けているといろいろなことがありますが、今年は何もないことを祈っています(^^)/*


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(中編) [旅行情報?]

さて、いよいよ帰国…もとい日本へ11ヶ月の出稼ぎへと出発する日。
帰国直前はオランダに滞在していたのでベルギーのニュースが見られず、
現状を把握できていなかったンですが、知り合いのオランダ人が
「荷物検査に時間がかかり過ぎて、自分のフライトに乗れない人が大勢出たから、
検査は全員ではなく怪しそうな一部の利用客になったよ」って教えてくれました。


DSC06833_700.JPG

もし、空港の問題が続くなら、行きと同じくアムステルダムから帰国しようかなと
思ったんですが、フライトもほぼ予定通り運行。ほぼ、と言うのは出発時間が
1時間遅れたから。でも、遅れる分には早起きしなくて済むのでオケー(^^)


DSC06834_700.JPG

もう一つ心配だったのは、空港地下に直結している鉄道駅が、
4月中はずっと閉鎖されたままで、空港へ行くにはタクシーか自家用車しかないって
言われていたコト。ちゃんと調べてなかったけど、バスも運休だったのかな?

もし、その状況が続くのであれば、出発前日は予定を変えて、
空港近くのシャトルバスが出るホテルに泊まらないとな〜って思ってたんですが、
(モチロン、ノボテル以外…笑)
私が帰国する日までには、無事空港駅も営業再開していました。
(それまではこの路線を電車は走るけど、空港駅は止まらず通過していました)


DSC06835_700.JPG

空港駅に到着したのは8時50分。フライトは11時半だったので、2時間40分前でした。


DSC06837_700.JPG

ホームから1階上がると、普通は空港施設につながっているエレベーターで
出発階に上がるんですが、この日は違う方角に導線がありました。
そうだろうとは思っていたけど、やっぱり鉄道の地下ホームから直接空港には
入れないのか…でも、警備のヒトが意外と少なくて驚きました。


DSC06838_700.JPG

飛行機が上向きなのが出発階。わかりやすいですね(^^; (到着階は下向き)


DSC06839_700.JPG

記憶が確かではないんですが、この前にも一回エスカレーターかエレベーターを
使っているんじゃないかな。ここは地上階。スーツケース持って階段上がった記憶はない(^^;


DSC06840_700.JPG

進んでいくと、航空会社によって行き先が1と2に分けられていました。


DSC06841_700.JPG

私はSASなので2番になります。


DSC06842_700.JPG

鉄道利用客と駐車場利用客が合流して人が増え、ちょっとドキドキ(^^;


DSC06843_700.JPG

フライト・インフォメーションがあったので、自分のフライトを確認。


DSC06844_700.JPG

導線にしたがって、空港施設から外に出ます。


DSC06845_700.JPG

ニュースで見覚えのあるテントがありました。ここまで駅から10分かかりました(^^;


DSC06846_700.JPG

荷物検査のテント内。こういう所って、通常撮影NGとか看板出ているものなのに、
この時はなかったので撮影。利用客の多い時間帯なので(テロが起きた時間帯でもある…)
もっと長蛇の列かと思いましたが、意外と並んでませんでした。
…そのせいか、検査は利用客全員が対象になっていました(^^;


DSC06847_700.JPG

検査は10分で終了し、次のテントへ移動。


DSC06848_700.JPG

振り返って撮影。


DSC06849_700.JPG

次のテントは、チェックインまでの待合スペースでした。


DSC06850_700.JPG

その一角に、テロで犠牲になった方々を悼むメッセージボードがありました。
手前のPegaseというのは空港サービス会社なので、テロで犠牲になった方がいたのでしょう。


DSC06851_700.JPG

そこまであまり実感がなかったんですが(ヤバイ気配も感じなかったし)
これを見て、本当にあのテロが起きた場所なんだなと、しみじみ感じました。
撮影、どうしようかなと思ったけど、心に刻むために残しました。テロ、許すまじ。


DSC06853_700.JPG

私のフライトはもうチェックインが始まっていたので、すぐに隣のチェックイン・テントへ移動。
こんな風に、簡易的なカウンターが並んでいました。もちろん自動のベルトコンベアなどなく、
預けたスーツケースはすぐ後方で作業員のおっちゃんたちが荒っぽく投げているのが見えて、
すんごく心配になりました(T_T) …コワレモノは入ってないけど、
スーツケースが安物だから、一番のコワレモノ(苦)


DSC06854_700.JPG

さすがにこんな簡易カウンターで数も少ないため、チェックインは40人くらい待っていました。
この時点で9時20分、チェックイン完了したのは40分後の10時でした。
でも、早めに空港来ていたので、出発まではまだ1時間半ありました。

で、いつも心配な計量は(荷物多いから、いつも2kgくらいオーバーしている)
隣の航空会社がアナログな体重計みたいなの使って計っているのでドキドキしていたのに、
SASはまったく計ることなどせずにスルーでした。そういう所、SAS大好き。
(だから他の航空会社は使えない。日系とかKLMとかシビアなんだもん)


DSC06856_700.JPG

簡易テント内には自販機が充実。ここで長時間待たされた人も多いんだろうなあ。
私が利用した時は、意外とスムーズで助かりました(^^;


ちょっと長くなってしまったので、一旦休憩。後編につづきます(^^)/*

nice!(17)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

ブリュッセル、ザーベンテム空港を脱出せよ!(前編) [旅行情報?]

今年の里帰りの前に、去年の帰りの話を記録しておかなければ。
昨年3月22日に、我が故郷ベルギーのザーベンテム空港(ブリュッセル空港)は、
爆破テロに遭いました。出発はちょうど1週間後で、そのミッション遂行はすでにレポート済。
今回は、帰国…もとい出稼ぎに出てくる時のお話です。

私の帰国は1ヶ月ちょっと後ではありましたが、テロから2週間ちょった経った
4月4日に空港へ行く機会があったので、まずはその時の話から。
たしか、数日前に閉鎖は解かれたけど、まだ2割くらいしか稼働してなかった時だと思います。


zaventem.jpg

それは仕事で参加した、某ツアーの最終日。
一人の参加者が、翌朝のフライトで帰国する予定だったのに、朝メールを確認したら
その日の早朝便に変更になりましたと連絡が来ていたとか。
当時は航空会社も混乱していたんでしょう。

とにかく、空港のカウンターで直接確認するからということで、ツアー主催者のクルマで
やって来たザーベンテム。あ、ちなみに空港が通称ザーベンテムなのは、
ブリュッセル郊外のザーベンテムって町にあるから。東京成田空港と同じです(^^;;

空港入口の手前で1回、軍隊さんの検問がありましたが、さすがに撮影はできず(^^;
これは空港駐車場の入口。ここで運転手が職員と何やら深刻そうに話をしていたので、
何か問題があるのかとビビっていたら「駐車場は地下しかないんだけど、車高が高すぎると
入れないかもって」とのこと。入れるのは190センチだったんだけど「オレ、身長190センチ」
という運転手が自分のクルマの車高と背比べして、大丈夫そうだと確認(笑)
無事、駐車場にクルマを入れることができました(^^;


zaventem1.jpg

空港の係員さんが教えてくれたルートを使わず、テープで閉鎖された階段を使って
外に出た同行者たち(汗)不審な動きはやめてくれ〜、と思いつつ撮影(^^;


zaventem2.jpg

道端に献花があったくらいで、テロの傷跡を感じさせる光景はありませんでした。
爆破されたのは出発カウンターだったから、ここは場所がちがってたんだろうな。


zaventem3.jpg

フライトは翌日早朝であることが確認できたので、空港施設内のシェラトン・ホテルに
行ってみたら、休業中。「えー、閉まってるの??」ってオモテをウロウロしていたら
中にいた従業員が出てきてくれました(^^;

空港近くにはたくさんホテルがあるので、シェラトンで紹介してもらって移動。
とりあえず一番近かったノボテルへ行き、彼は「早朝出発だから宿泊しなくても、
ロビーで待機させてもらうだけでいいんだけど…」って、相談してみましたが、
宿泊者でなければロビーの利用はNGと断られ、結局120〜130ユーロを支払って宿泊。
こんな非常事態な時に、ひどいホテルだなあと思いました。
彼は格安航空会社を使ってベルギーへ来ていたので
「フライトよりホテル代の方が高い」と、苦笑いしていました。

しかも、もしかして足元見られて高い金額提示されたのでは??(苦)
…月曜夜だったから、本当はもっと安かったんじゃないかな。
彼のようにフライト待ちの宿泊客がたくさんいそうな雰囲気もなく、閑散としていたんですけど。
ノボテルのイメージが一気に悪くなりました。自分で予約して泊まったことはないけど、
選択肢に入ることがあったら避けようφ(..)メモメモ


brussel.jpg

私はその時、その日から滞在するアパートまで送ってもらうために同乗していたんですが、
鉄道で帰国する参加者もいたので、クルマは空港の次にブリュッセル中央駅へ向かいました。
期せずして、テロに遭った地下鉄のマールビーク駅の前を通過。
上の写真はマールビーク駅手前のロータリーです。駅はシャッターが降り、献花があふれ、
軍隊さんが警備していた光景をよく覚えています。

…オランダから入国して、ブリュッセルを避けて移動していたのに、
こんなにも早く2カ所の現場に行くことになるなんて、思ってもみませんでした。
テロに遭ったマールビーク駅って、自分が以前ブリュッセルで滞在していたエリアの
すぐ近くだったんですよね。そう考えると怖いですね…。

しかし、何故か私はこの日iPhoneしか使っていなかった(^^; しかも魚眼。
自分ではコンデジであちこち撮影したつもりだったんだけど、1枚もナシ。
どうしてだったのかは、謎です(^^;

私以外のツアー参加者は、全員その週に帰国したんですが、それぞれ大変な目に遭ってました。
シャルルロワ空港出発だって言われて行ったのに、到着したらリエージュ空港に変わっていて、
慌ててタクシーで移動したってヒトもいました。本当にあの時は大混乱だったんだなあ。

帰国間際にSASの運行状況を調べたら、4月は本数を減らしていて、
ザーベンテム以外の空港発着になっていました。
5月はどうなるのかな? と、思っていたら、5月2日にテロがあった
空港の出発階がやっとオープンして、空港機能が8割回復。それは夕方のことだったんだけど、
翌日は朝からフライトが増えて利用客も増え、空港大混乱(>_<)

敷地内外に作られた荷物検査のテントに長蛇の列ができていて、2時間以上待たされると
ニュースになっていました。私の帰国は1週間後。それまで混乱は続くのか??

ドキドキしながら、後半に続きます(^^)/*


[ザーベンテム空港@ベルギー]



nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

今年の里帰りもスカンジナビア航空で☆ [旅行情報?]

iPhone2014.4_481_800.JPG

暦の上で春になり、恒例の里帰りの時期が近づいてきました(*^^*)
いろいろ悩みに悩んで、先日やっと航空券を購入。
今年もSASことスカンジナビア航空です。…欧州系で最安値ですから(^^;

今年は昨年よりも早めに行って、早めにに帰る予定。いつもより短めです。
最初、行きたい日付で検索かけたらSASが出なくて、売り切れてしまったかと
ビビリましたが、そう言えば毎日運行ではなくなったって聞いた気がしたので、
一日ずらしたら、ちゃんと出てきました。そうか、水曜日は飛ばないんだ…φ(..)

航空券が7万円、日本の空港使用料が2610円、その他諸税などが21040円。
それと手配料が540円。悩んでいて2月になったら、3000円引きのクーポンが出たので、
合計91190円でした。(去年はイースター料金で12万超えたからな〜)

SASで直接買うと8万円台で買えたんですが、HISは空港ラウンジクーポンの
プレゼントをやっていたので、それに釣られてしまいました(^^;
(実は去年ももらっていた…そのレポートはまた後日)

航空券を予約した日に、ホテルの手配もすべて完了。準備万端…ではなく、
今年はパスポートを更新しなければならないのでありました(^^;
今日、申請用紙をもらってきたので、来週行かなければ!

てな具合に、里帰りが近づいてきて浮足立ってますが、
ちょっとゆとりがあるで、今のうちにブログ更新頻繁にやっておきます!

最近ちょっとブログの「アクセス解析」ってのを見るようになったんですが、
古い記事でもぽちぽち見に来てくださっている方がいるので、
やっぱりコンテンツ多い方がいいんだなあ〜と、実感。

もっとマニアックなベルギーネタを更新しなくっちゃ☆ (イヤ、メジャーなのもしろって…笑)

ちなみに今日の写真はちょくちょく紹介しているホーグリードの教会の桜。
2014年に撮影したもので、この時は満開でした。
毎年この桜の開花状況が楽しみなんですが、昨年は仕事で行けず…
今年はどうだろう? いろいろスケジュールが変わっているので、これから調べなければ(^^;

[ホーグリードはココです♪]




nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

ベルギーの鉄道駅にあるコインロッカー [旅行情報?]

ベルギーの鉄道駅にあるコインロッカーを紹介します。
と言っても、基本コインロッカーは主要駅にしかないので要注意(^^;
私もいつもそれで泣かされています。(自転車レースって結構ローカルな駅を使うので)


DSC00591_800.JPG

これはコルトレイク駅のコインロッカー。大きさは大中小の3種類。
お値段は3ユーロ〜4ユーロなので、日本とあまり変わりませんね。


DSC00592_800.JPG

使い方は、緑のランプが付いているのが空いているロッカーなので、
(使用中はランプが赤)そこに荷物を入れて扉をしっかり閉めます。
そうするとこのパネルに荷物を入れた番号が表示されるので、その間にコインを投入。
コインを入れないと時間切れで扉が開き、最初からやり直し。
ちなみにこの真ん中のパネル、日本語の案内もあるんですよ☆


DSC00537_800.JPG

お金を入れるとこのレシートが出てきて、これが鍵の代わり。
(これはルーバンで利用した時のヤツだ…)
操作パネルの下の方にバーコードをかざす場所(AFHALENと書いてある)があるので、
そこにこのレシートのバーコードをかざすとロッカーが開く仕組みです。

最近日本のコインロッカーも交通系ICカードを使うタイプになってますが、
ベルギーではかなり前からこの方法が使われています。
かさばる鍵をもたなくていいのは楽だけど、レシートの方がなくしそうでコワイ(^^;

そう言えば、ちょっと前まで大きな駅にはコインロッカーの他に
荷物預かり所があったけど、今残っているのはブリュッセル南駅くらいじゃないかな。
と、言っても、最近ちゃんと見てないからなくなっているかもしれないけど(^^;
コインロッカーは便利だけど、数に限りがあるから、空いていないと困るのよね。
特にスーツケースは一番大きなロッカーになっちゃうから、使う時はいつもドキドキです。

ちなみに、ベルギーの駅のコインロッカーはコイン対応だけど、
オランダのマーストリヒト駅はいわゆる地元のデビットカード的なカードしか使えない
タイプで、ツーリストにはやさしくないです(>_<)
かなり昔の話なので、もしかしたら今は変わっているかもしれないかな。
今度マーストリヒト行ったら、確認してこなきゃですね☆
 
nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

里帰り2016、ミッション・インポッシブル?!<その1> [旅行情報?]

前記事のオランダつながりで、今年ベルギーからオランダへ行った話を
紹介しようかなと思ったんですが、
そう言えば、今年、あんな大変な思いをしてベルギーに行ったことを、
まだ記事にしていなかったことを思い出し(笑)
「オランダへGO!」ぢゃなくて、「オランダからGO!」が先じゃん!
って、自分で自分にツッコミ入れたのでした。

ということで、今年ベルギーに里帰りした時のお話にお付き合いください。
今回は文字ばっかりですが、記録ということで(^^;


DSC04245_800.JPG


ハイ、私が今年行ったのは、あのテロ事件のちょうど1週間後でした(^^;

ブリュッセル空港がテロに遭った日は会社だったので、何をすることもできず。
2日後に、SAS(スカンジナビア航空)の航空券を手配したHISの店舗に行ったら、
Webで買っている客の相手はできないと門前払い。
店舗で相談した方がいろいろ手っ取り早いかと思って、交通費かけて行ったのに(汗)

横浜モアーズにあるHISだったんですが、受付の若いお姉ちゃんがものすごくイヤな感じで、
その時はもうHIS使うのはこれっきりにしようと思ったくらい。
申し込んだルートが違うからここでは扱えない、というのは理解するけど、
それにしてももう少し対応のしようがあるだろうという態度でした。

「こちらでは一切お受け出来ませんが、それでもよろしければご案内しますが」
…って、よろしいわけないだろって。そういうセリフが出る事自体、理解不能。

Webの方は店頭では受けられませんのでこうして下さい、というレクチャーを
してくれればいいのに、頭ごなしに拒絶して、自分で連絡先調べろって。
本当にね、JTBの客がまちがえて来ちゃったから追い返す、ってなイキオイでした。
若いお姉ちゃんだから、マニュアル通りにしか対応できないんだろうけど、
そういうマニュアルであること自体が、客を不快にさせるって思わないのかな…。

その後、Webの客用のコールセンターに連絡したら、そのスタッフはまともでホっとしました。

しかし、私が5日後に乗る飛行機は「予定通り出発します」と言われ、目がテン。
…いやいや、最終到着空港、吹っ飛んでますから。閉鎖ですから(汗)
電話した時点で、まだ当局の調査が済んでいなくて、空港職員ですら空港内に入れないって、
公式サイトの英語情報で確認してますから(汗)こっちの方が持っている情報新しいですから。

もうその時点で、HISには任せておけないと判断し、こちらから行き先の変更を依頼しました。
幸い、今回私が予約していたチケットは、1回だけ行き先を変更できるものだったからよかったけど、
変更不可のヤツだったら、こっちから変更依頼したらお金かかってたんですよね(汗)
でも予定通り飛ぶことになっているから、その間は無償で変更はしてくれない航空会社。
欧州最安値だから仕方ないのか、他の航空会社も同じなのか…(汗)


変更を依頼して調べてもらったら、乗り継ぎのコペンハーゲンからアムステルダムに飛ぶ便があり、
乗り継ぎの出発時間もブリュッセル行きと10分しか変わらず。アムステルダムがベストな感じ。
ボヤボヤしていると満席になってしまうと思い、即決でその便に変更してもらいました。

…というやりとりを、ひたすら電話でやっていたんですが、コールセンターが直通ではないので、
一回通話を切ると、代表にかけて音声ガイダンスに従って数字を押してって…というのを
やり直すのが超面倒で(汗)結構時間がかかりました。会社が平日休みだったから良かったけど。
だから店頭対面で手続きしたかったんですよね(苦)つか、あんな非常事態の時くらい、
店頭対応してくれればいいのに、HIS、本当に使えない(汗)

それで、なんとかアムステルダムまではたどり着けることになり、ホッと一安心。
アムステルダムのスキポール空港に1泊する覚悟もできていて、ホテルもチェックしていたんですが、
調べたら当日中に鉄路でベルギーの滞在先へ移動できることがわかりました。
スキポール空港到着時刻からタリス出発の時刻までは1時間で、ちょっとギリだけど、
なんとかなるかな? と、思い、イキオイでタリスもオンライン予約。
今は電車のチケットを自分で印刷できるから便利ですよね。

そんなこんなで、ベルギー行きそのものをキャンセルするなんて選択肢は一切なく、
周囲には呆れられつつ、今年もベルギーに里帰りしたのでした(^^)/*
(つづく)
 
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

里帰り、カウントダウン(・∀・) [旅行情報?]

iPhone2014.4_008_800.JPG

早いもので、もう3月です。
そうです、そろそろ里帰りのカウントダウンが始まってます☆

航空券は先月中に手配済みなのですが、今年は安いのかなと思って検索かけたら、
なななんと、去年よりも高い。めっちゃ高い(>_<)
何故?! も、もしや?! って、慌ててカレンダーをチェックしたら、
私が出発を予定していた日は、ベルギーの休日(イースターマンデー)だったのです。

本当は前の週に出発したかったんだけど、バイトの方の都合でそれができず、
もうその日しか選択肢がなかったので、泣く泣く予約を入れたのでした。
ちなみにいつものスカンジナビア航空で、12万超え(>_<)
前の週の平日出発だったら、4万安かったのになあ…

出発や帰国が日本の休日だと、それぞれ5000円くらい高くなるのは知ってたんですが、
こんなに違うとはビックリでした。しかし、ちゃんと飛ぶかどうかの方が心配だけど。

そんな訳で、すでにブログの更新もスローペースになってます(汗)
里帰りしたら、またTwitter経由で写真だけ紹介しようと思ってます☆
 
nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

ブルージュのフリッツハウス@ブルージュ [旅行情報?]

さて、ブルージュのナイトウォークの目的のひとつ、食糧調達を忘れてはいけません(^^;

DSC00438_800.JPG

マルクト広場から路地をちょっと入った角っこに、
まだ開いているフリチュール(フリッツ屋さん)がありました。
iPhoneだとお店の看板が光って見えませんね(^^;


DSC00437_800.JPG

't Brugsch Friethuys …ブルージュのフリッツハウスって意味かな? 家って本当はhuisだけど(^^;
ブルージュの中心部は、昼間の観光客のための飲食店かほとんどなので、貴重なお店です。
しかし、いつできたのかな? 数年前にはなかったと思うけど(^^;


DSC00439_800.JPG

店内も新しめ。メニューが英語ってところで、観光客相手なのがわかります(^^;


iPhone2014.4_179_1000.JPG

フリッツとミニロンピア、飲み物は定番のアイスティーで9ユーロ20セント。
観光地値段だから、ちょっと高めです。
フリッツ小さいのにしたら、普通に小さいのが出てきました。これで2.50ユーロ。
マヨネーズはこれっぽっちで(マヨラーの発言…笑)1ユーロ。比率おかしい(^^;

でまあ、見ても分かる通りここのフリッツは揚げ過ぎで固かったです(>_<)
ハズレのフリチュールを引いてしまいました。
なのでシビアなワタシはこの記事のマイカテゴリーを「おいしいもの。」にはしていません(^^;

営業時間が通常11:00〜深夜1:00、木金土は深夜3:00までというのはうれしいですけど、
もう利用することはないな〜(^^;


DSC00454_800.JPG

マルクト広場の鐘楼のすぐ下にある小屋、わかるかな。右下です。実はここもフリチュールなんです。


DSC00455_800.JPG

常設屋台みたいな感じで、ここは結構いつでも開いてるんですが、
ベルギー滞在初期の頃に利用したことがあり、マヨネーズがイマイチだったので
あまり利用しないんです。でも、こっちにしておけばよかったかなと思ったり(^^;
思い起こせば、フリッツって昔から好きだったわけじゃあないですね。
美味しいフリッツに出会うまでは、名物だからとりあえず食べておくかくらいのノリでした。
(今では立派なフリッツ中毒…笑)


iPhone2014.4_184_1000.JPG

マルクト広場にはもう週末使う柵が用意されていました。
ベルギー最大の自転車レース、ロンド・バン・ブラーンデレンはここからスタートします☆
私がナイトウオークしたのは、レース開催の5日前でした。


DSC00456_800.JPG

ステーン通りに戻り、帰りはまっすぐザント広場に出ました。これは途中通過した救世主大聖堂。


iPhone2014.4_189_1000.JPG

救世主大聖堂をiPhoneの魚眼でも撮影♬


DSC00459_800.JPG

ザント広場の噴水。もうすぐ深夜12時でしたが、若い衆が集まってハジケていたので
さっさと撮影して撤収(^^; 本当は自転車選手の像をゆっくり撮影したかったんですけどね…
ザント広場からは、交通量の多い通り沿いの道を歩いて駅前のホテルに戻りました。
比較的治安の良いブルージュだからこそできるナイトウォークですね(^^)/*

['t Brugsch Friethuys@ブルージュ]



nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行情報? ブログトップ