So-net無料ブログ作成

ブリュッセル、ザーベンテム空港駅の自動改札機 [鉄。]

今年ベルギーに行った時のお話。
ブリュッセルのザーベンテム空港に到着して、鉄路で移動しようとした時、
遂にご対面となったのがコレ。


IMG_0228_800_600

空港駅の自動改札機です。
普通の日本人には何じゃラホイ? ですよね(^^;
実はベルギー国鉄の駅には、自動改札機はないんです。
多分コレ、ベルギー国内初なんじゃないかな?
ブリュッセルの地下鉄には付いてるんですけどね、国鉄駅で他に自動改札はないはず。

ベルギーの国鉄は車内検札がデフォルトで、フランスやイタリアのように
ホームで切符に乗車駅名と時刻を刻印する機械すらありません。
今でこそ、自動券売機がどこの駅にも常設されるようになったけど、
昔は駅の窓口が開いてないと切符も買えないで乗り込んで、
車掌さんから直接切符を買うこともしばしば。
そんなんですから、無賃乗車で電車を降ろされる乗客もよく見かけます。


DSC03625_600

そんなユルーいベルギーで、何も知らずに入国して空港駅で自動改札機とご対面していたら、
きっとビックリしてたと思うんですけど、何と、偶然にも2年前から知ってたんです(^^;
上の写真は2015年5月に帰国するときに、空港駅で撮影していた写真。
最初の写真とあまり変わらない感じですが、
コレ、たまたま自動改札機を設置しているところだったんですよ!
左のガラス壁の所でしゃがみこんでいるのが作業員さん。


DSC03624_600

ひゃーーー、こんなの設置するんだ!
と、1人で盛り上がってパシャパシャ写真撮りまくる変なジャパニーズ(^^;
で、当時は何も思わなかったけど、この記事書くのに写真を見返していたら、
この改札機、向きが逆な気がするんですけど(^^; 気のせいかな?
ボタン押して扉開くのって、改札の内側だと思うんだけど、これ、外側だよ(笑)


DSC03620_600

切符をスキャンする場所はココ。向こう側は駅の外(^^;
多分、設置したばかりで向き間違えてたんじゃないかな(笑)


DSC03621_600

1つ前の写真ですでにお気づきとは思いますが、ここが超レア(?)写真。
設置している途中なんで、何かLANケーブル的なものがプラプラしている(・∀・)
なかなかこういう場面に出くわすことはないですからね〜。
これもきっと、鉄の女神様のお引き合わせ☆


DSC03619_600

まだ機能していないので、通り抜けられるとは言え、みんな興味津々で見ていきます。
(写真撮っているのはワタシだけでしたが…笑)


DSC03623_600

しかもいろんな角度から、しつこく撮影(^^;
そういえばリニューアルした空港駅を紹介してなかったナ、と思いつつ。

それが2015年のこと。本来であれば、去年この自動改札機を利用していたはずなんですが、
例の空港テロのお陰で、行きは空港閉鎖していてアムステルダム経由。
帰りは空港駅の営業が再開したばかりで、ここを通らない別のルートで空港外へと誘導されたから、
今年の春が初利用になった訳です。さて、どうやって使うんだ?(^^;

…と言うのも、私は基本、ベルギー国内の長距離移動にレイルパスを使っていて、
それが1年間有効だから、前の年の使い残しを持ってきて使ってるんです。
試しにレイルパスをかざしてみたけど、反応ナシ。ちょうど近くに駅の係員さんがいたから
聞いてみたら、窓口でディアボロを買いなさいと言われました。

そこでベルギーに慣れていない旅行客なら第2の試練(笑)
ディアボロ? ナニ?? ですよね。

ディアボロ(DIABOLO)は空港まで新しい線路を引くプロジェクトの名称で、
その建設費を空港駅利用者にも負担してもらおうという、追加料金です。
随分前から徴収されてるんですけど、まだ終わらないなー。
例年はそれを車内で車掌さんに払っていたから知ってたんです。
国鉄のサイトを確認したら、どうやら空港駅に自動改札機(ゲート)を設置したのも、
ディアボロ絡みの模様。ってことは、まだまだ徴収が続くのかな?(^^;
ちなみにこの自動改札機が運用開始になったのは、2015年の6月1日って出てました。


iPhone2017_244_600

下がディアボロのチケット。5.20ユーロ。結構高いです。
今のレートだと、700円近い(^^;
チケットの右側にあるコードを自動改札機でかざすと、扉が開く仕組み。
その写真は、スーツケース抱えたツーリストには難易度C(^^;

普通は空港駅で切符買えば、このディアボロが含まれた料金になるから
「高いな〜」で、終わりになるんですけどね。
私はレイルパスを利用するから、別途このディアボロ切符が必要になります。

ちなみにディアボロは、空港駅から出発する時だけ徴収されるシステムのようで、
空港駅に降りる時には取られたことはありません。

この時は、どうせ窓口に並んで切符買うんだったら、ついでに新しいレイルパスも買っておこうって、
買ったのが上のチケット。今年は1ユーロ値上がりしていて、77ユーロでした。
しかし、片道7ユーロで10回電車に乗れるのは、かなりお得です☆


iPhone2017_239_600

いつもは電車の到着時間に合わせて空港のクイックで時間つぶして駅に移動するけど、
今年は自動改札が気になっていたので、早めに移動していたから、窓口で切符買っても
余裕で電車に間に合いました。目的地のコルトレイク直通なので楽ちん。
しかも2階建ての電車だー☆ …いや、スーツケースあるから2階には上がりませんけど(^^;


iPhone2017_255_600

空港駅からコルトレイクまでは1時間35分の長旅なんで、空港駅の売店で新聞と雑誌を
買うついでにアイスティーと甘パンを購入。雑誌2册買ったから、支払い20ユーロ近かった(^^;


IMG_0241_800_600

でも、今春で引退の選手が表紙の雑誌だったんで、買わないわけには行きません(笑)


iPhone2017_256_600

右はレーズン入ってるスイスロール、左は大好物のフランジパンヌ。
サンドイッチも売ってたけど、ついつい甘パンを買ってしまう(^^;
…あれ、空港駅の自動改札機とディアボロを紹介する「鉄。」話のはずが、
最後は「美味しいもの」になってしまったナ(笑)


【ベルギー国鉄で多分唯一自動改札機がある空港駅】




nice!(11)  コメント(3) 

西フランダース州の田舎町、ハールビークの駅舎 [鉄。]

いつも前半戦に滞在している西フランダース州のコルトレイクの隣に
ハールビークという田舎町があります。自転車レースがある町なので、しばしば訪問。


IMG_0277_800_600

Harelbeke=ハールビーク。
ぐぐるまっぷさんだとハーレルベーケになってますが、それはオランダ語読みですね。
「んだどもわすら西フランダースのもんは、はーるびーくって発音すんだども」
…って書いてしまいたくなる位、オランダ語とは違うベルギーのフラマン語なのでした(^^;

ベルギーの1ちゃんねることeenを観ていると、オランダ語に近い発音で不安になりますが、
西フランダースのローカルTV局、WTVだとがっつり訛っていてホっとします(^^;


IMG_0276_800_600

それはさておき、な~んの変哲もないベルギーの田舎町の小さな駅。
コルトレイクの次の駅で、高架の上を線路が走っているのでホームはこんな感じ。


IMG_0273_800_600

黄色い花はレンギョウですね(多分…)
コルトレイクからIC(インターシティ)でたった5分。この日は2階建て車両☆
…乗車時間はたった5分なんですけど、電車の本数は平日でも1時間に1本(^^; ←ベルギーあるある。
乗り過ごしたら1時間待つヤツ。コルトレイクからバスでも行けるんですが、
ぐるっと回るからすごく時間がかかって、あまり乗る意味が無いという…。

さて、何とも殺風景なホームの写真ですが、このハールビーク、
ホームから下に降りると駅舎がスゴイんです!


IMG_0397_800_600

ジャーン、これがハールビークの駅舎☆
ゴージャス感を出すために、夜景でご紹介…という訳ではなく、
到着時は目的地へと急いでいたので、写真撮ってなかったのでした(^^;


DSC02112_600

これは2年前にコンデジで撮影した午前中の駅舎。
天気がよかったから、逆光になってしまいました(^^;

この駅舎は、現在駅舎としては使われてなくて(ベルギーあるある)
Track 75」ってレストランになってます。75号線の駅だから(^^)
…その写真、撮ってなくてすみません(汗)
帰りはいつもレース終わって電車の時間ギリギリで、ささっと駅舎を撮って
ホームに上がってしまうもので(そして大抵電車は5分から10分遅れている…笑)


IMG_0398_800_600

レストランのサイトに駅舎の話が出ていて、ここは2度の世界大戦で破壊を逃れた
古い建物なんだとか。そっか、コルトレイクみたいに古い駅舎がないのは戦争で破壊されたのかな。
ウィキったらハールビークの駅舎は1839年開業、1991年に閉鎖。
ここの壁面にTELEGRAAFって文字がある理由は不明。
オランダに同名の新聞社があるんですが、何か関係あるのかな?


IMG_0396_800_600

わかりづらいんですが、この側面に駅名が入ってます。
多分、正面の扉がある上にもあったんじゃないかな…私が撮影しなかっただけで(^^;
ここの右にホームへと上がる階段に続く通路があります。
ウィキを読んでいたら、今月2日にこじんまりした新しい駅舎がどっかにオープンした模様。
裏駅の方かな? 来年チェックしてこなきゃ(^^)


IMG_0399_800_600

夜9時頃のハールビーク駅のホーム。iPhone7、キレイに撮れてるな。


IMG_0400_800_600

しかし、さすがに高速で入線してきた電車はブレました(^^;


IMG_0272_800_600

オマケその1は行きに乗った2階建て車両の天井。荷物を置く棚の飾り穴が波打っててキレイです☆


IMG_0394_800_600

オマケその2はレース会場近くで帰りにまだ営業していたハンバーガー屋さん。
この明かりに吸い寄せられて(笑)寄りそうになりましたが、
電車の時間に間に合わなくなるのでガマン、ガマン(^^;

[ハールビーク駅]


nice!(18)  コメント(6) 

ブリュッセル・ミディ駅、奇跡のコラボ?!(鉄的に…笑) [鉄。]

また2014年の写真になりますが、フランスのレースを観るために、
タリスでパリへ行くためにやって来たブリュッセル・ミディ駅でのこと。


thalys

私が乗車するタリスはまだ到着していなかったのですが、隣のホームにはフランスのTGVがいました。

が、よく見ると…


DSC00603_600

TGVの奥に停車しているのは、ドイツのICEぢゃあーりませんか!(・∀・)
時間はあったので、思わず走って撮影(笑)


DSC00606_600

最近、ドイツのレースに行く機会がないので、すっかりご無沙汰している
ドイツのICE、相変わらず格好よす(*^^*) また乗りたいなー。
つか、昔はブリュッセルには乗り入れてなかったので、リエージュで乗っていたんですよね。


tgv

お馴染みのTGVと見比べると、随分顔つきが違います。
こうやって見ると、色のせいかTGVって昔のロボットアニメのロボットみたいだな(^^;

ブリュッセル・ミディ駅では、ながーいホームをAゾーン、Bゾーンで使っていて、
2つの行き先の電車を同じホームに入線させるんです。
だから気をつけてゾーンを確認しないと、フランスに行くつもりがドイツに連れて行かれてしまう(^^;
そのお陰で実現した、鉄的奇跡のコラボでアリました☆ ←そんなことで盛り上がる変な日本人。


DSC00612_600

我が国が誇る(笑)赤い彗星、もとい赤い特急タリスちゃんも乗せておきましょう☆
ブリュッセル・ミディ駅で撮影したものより、パリ北駅で撮影したものの方が
きれいに撮れていたので、そっちを使ってみました。


DSC00614_600

別アングルからもう一枚。
日本のドクターイエローグッズみたいに、タリスグッズあればいいのに(^^;


DSC00610_600

タリスの座席の番号表示(^^)v


DSC00611_600

タリスのコートかけ(^^)v ←何でも撮影する。


DSC00618_600

もひとつおまけ。以前にも紹介したかもですが、パリ北駅にいたフランス国鉄のローカル電車。
電気機関車なのかな? ←ゆる~い鉄なので詳しくはない(笑)
このコ、大好きなんです(^^) TGVがロボットアニメのロボットなら、
このコはタイムボカンシリーズですね(^^)v

[ブリュッセル・ミディ駅]



nice!(21)  コメント(9) 

「フランダースの犬」ゆかりの町、ホーボーケン #その1 [鉄。]

アントワープの郊外に、ホーボーケンという小さな町があります。




日本人ならきっと誰でも知っていそうな超有名なアニメ「フランダースの犬」の
舞台として登場する村です。今は村って感じではなく普通の町ですけど(^^;
アントワープ中央駅からトラム1本で行くことができる場所です。所要時間は30分くらい。


DSC00994_600

アントワープ中央駅周辺のトラムはプレメトロと呼ばれる地下路線になっていて、
中央駅の地下にあるディアマント駅で乗車します。ホーボーケンは終点なので
乗り間違いはなし(^^;  で、上の写真がそのトラムちゃんです。
アントワープはもうこの新しい車両しか走ってないナ。


20140501_hoboken_446_600

ホーボーケン(HOBOKEN)って、ちゃんと車両の前に書いてあるからわかりやすい。
アントワープ中央駅のディアマント駅はいろんな行き先のトラムが来るから、
これなら間違えずに乗れます。(乗る時の写真がなくてすみません…)


DSC00995_600

横っ腹にも書いてあるしね(^^;


DSC00996_600

このトラムは、ここから左に曲がってホーボーケンの中心部まで走っています。
でも、ちょっとここで停車している理由は…


20140501_hoboken_423_ 600

実はこの日は、ホーボーケンの町中で自転車レースが開催されていたのでした☆
ハイ、いつも通り、自転車案件で訪問した町です(^^;
毎年5月1日のメーデーの休日に自転車レースが開催されていて、
昔から行ってるんだけど、ブログ初出(^^

しかも、この時やっていたのはデルニーレースという、
専用のオートバイ(デルニー)と選手が1組で競う超マイナーな競技。
ベルギーでも最近はあまりやっていないレースなんですよね(^^;


DSC01015_600

今回の写真は2014年のものです。この標識は自転車レースのコースで使われる道路に
1週間くらい前から置かれるもので、この日はレースでこの道使うから駐禁だよってお知らせ。

ということで、しばらくはこのホーボーケンを紹介する予定です(^^)/*




nice!(19)  コメント(3) 

ショードフォンテーヌのシャトーホテルを訪ねて☆その1 [鉄。]

ベルギー南部ワロン地方に、ショードフォンテーヌという町があります。
chaud =熱い fontaine=泉 つまり、温泉ですね(^^;
この町を初めて認識したのはミネラルウォーターでした。
1番有名なのは温泉の語源になっているスパだけど、ショードフォンテーヌの
ミネラルウォーターもベルギーではおなじみのブランド。
ガラス瓶入りの、ちょっと高級なイメージがあるかな?






場所はリエージュ近郊。地図上で斜め下あたり。
この記事を書くのにググろうとしてスペルを間違えたら、フランスにも2カ所、
ショードフォンテーヌがありました。でもそっちはつづりがChaudefontaine。
ベルギーはChaudfontaineと途中のeがないことに、今気が付きました φ(..)メモメモ
…いや、普通考えたらeが入るよなあ、さすがワロン語(^^; ←

閑話休題。2014年に、このショードフォンテーヌに仕事で行く用事があり、
もちろんこんな有名な町だから(温泉地だし)鉄道駅くらいあるだろうと思ったのに、
何と、ナイ! バスで行くしかありません(T_T)
ワロンだから2時間に1本の超ローカル路線は覚悟していたけど、まさかナイとは意外。

でも、近くを線路が走っているのは現地で確認していたので、
もしやと思って調べたら、やっぱり昔はちゃんと駅がありました。

https://www.rtbf.be/info/regions/liege/detail_la-gare-de-chaudfontaine-sera-rehabilitee-pour-decembre-2017?id=9491011

1986年に閉鎖。でも、今年12月に再開予定みたいです。わー、楽しみ☆

それはさておき、今はバスで行くしかないショードフォンテーヌ。
リエージュからバスが出てますが、私は至近の鉄道駅からバスに乗りました。


iPhone2014_1518_600

リエージュ・ギユマン駅からベルビエール行きの1時間に1本の電車に乗り、
2つ目のシェネー(Chênée)で下車。所要時間は10分くらい。
平日昼間だったから、元々空いてる電車だったけど、降りたのもワタシだけ(^^;


iPhone2014_1519_600

線路が高台にあって、片側こんな緑なんで、ちょっとドキドキ。
でも、リエージュから大して離れていない町のはずだから(笑)


iPhone2014_1520_600

ホームから地下道を通って外に出ようとしたら、途中で野良ネコにめっちゃ見られた(笑)


iPhone2014_1521_600

日光浴のジャマが入ったと不機嫌そうなネコ(笑)
この時間、普段は人間通らない場所なんだろうな(^^;


iPhone2014_1524_600

複雑な駅への入口。1番左側から出てきました(^^; 
出てきたからそこが駅の入口だってわかるけど、知らなかったら迷うやつだ…。
駅舎らしき建物もないしねえ…。





地図で確認。やっぱりシェネー駅は、駅舎のない無人駅みたいですね(^^;


iPhone2014_1525_600

バスが通る道にはすぐに出られました。反対側のバス停でバスを待ちます。
って、とってもわかりにくいんですけど、写真右の電柱のうえにくっついている黄色い看板…
(何故かこのあたり、ずっとiPhoneの魚眼で撮影していた…)


DSC00893_600

この黄色い看板がバス停のしるしです。知らないと見逃すな(^^;
ワロン圏のバスはTECという会社で(フランダースはDE LIJN)黄色と赤なのです。


DSC00894_600

電柱の横の鉄柱にはちゃんと時刻表もくっつくいてました。


DSC00890_600

ちなみにバス通りから駅に入る路地にはちゃんと
Gare→の看板が付いてましたが…これも小さくて多分見落とす(笑)


DSC00895_600

いざ、バスに乗り込み、運転手さんにRue Hausterという停留所に行くかと聞いたら、
止まらないと言われ(汗)ショードフォンテーヌには行くと言うので、思い切って乗車。
バスはこれが怖いんですよね。意外と運転手さんはすべての停留所の名前なんて把握してないし、
親切な人だと運行予定表で確認してくれるんだけど、そうじゃないと自分を信じて乗るしかない。

しかも、バス停の看板は小さくて車内からは見えないから、大体の到着時刻と勘が便りのバス旅(^^;
この時は偶然、このバス停で降りるお客さんがいて、停まった所で停留所の名前が見えて、
慌てて飛び降りたのでした。そうじゃなかったら、通過していたな…。


DSC00896_600

帰りはリエージュまでバスで行ってしまおうと思っていたので、時刻をチェック。
一応、夕方は本数あります。…絶対こんなに来ないんですけどね(^^;


DSC00897_600

バス停の所にデレーズというスーパーがあったので、次来る時はそれを目印にして
バスを降りればいいなとホっとしました。


DSC00898_600

目的地はバス停からちょっと歩いたところ。
ここはショードフォンテーヌの町外れになります。
バス通りをまっすぐ行くと、町の中心部、駅があるところ。
でも、目的地は左に曲がって橋を渡ります。


DSC00899_600

橋の入口に目的地の看板がありました。
「Château des Thermes」シャトー・デ・テルメ、スパリゾートホテルです☆
いかにも温泉保養地にありそうなホテルですね(^^;

(次回に続きます)

[シャトー・デ・テルメ@ショードフォンテーヌ]


 
nice!(14)  コメント(6) 

レイルパスのイースター・キャンペーン2014 [鉄。]

2014年の写真フォルダを整理して、古い情報を更新中(汗)
ベルギーで長い距離電車に乗るなら、レイルパスがお得☆ という話題はすでに以前紹介しましたが、
2014年にはイースター(復活祭)の時期に、お得なキャンペーンをやっていました。

いつものように駅の切符売り場でレイルパスを買おうと思ってお願いしたら、
「券売機を使うと1回分無料になるよ」って、売り場の人が教えてくれました。
当時、券売機は新しくなったばかりで、あまり利用したことがなかったんですけど、
それが初めて券売機を使った時だったのかは失念(^^;

DSC00602_800.JPG

とにかく、券売機で買ってみたら、レイルパスの他にもう1枚同じ大きさのパスが
印刷されて出てきました。普通は10回分なのに、これでもう1回乗れるって訳です\(^o^)/
但し、1年間有効なレイルパスとは異なり、キャンペーンのパスなので有効期間は短く、
7月21日まででした。4月に買っているから、約3ヶ月ですね。

キャンペーンがあったのはこの年だけなので、もしかしたら新しい券売機を
利用してもらうためのプロモーションだったのかもしれません。

DSC00589_800.JPG

これがベルギーの新しい券売機。2013年に拠点をルーバンに移した頃から
導入され始めたと思うので、3〜4年前かなあ。とにかく、キャンペーンをやっていたのは
まだこの新しい機械が浸透していなかった頃。

ベルギー国鉄には昔から券売機はあったんですが、現金は使えず、クレカも使えず(汗)
いわゆるベルギーのデビットカードみたいなヤツしか使えなかったんですが、
新しい機械では現金もクレカも使えるようになりました。あ、でもこの機械はカード専用だ(^^;

DSC00590_800.jpg

見えるかな。スタート画面がすでにイースター・キャンペーンの広告になってました。
ベタにウサギちゃんのイラストですね(^^)
1 gratis rit って言うのは、1区間無料プレゼントって感じの意味。
gratis(グラーティス)はタダとかオマケって意味で、スーパーの商品に景品が付いているときにも
この単語が書かれています♪ フランス語だとgratuit(グラテュイ)なので、ちょっと似てます。

この券売機はベルギーの公用語であるフラマン語(オランダ語の方言)とフランス語の他に、
ちゃんと英語も使えます。この当時はちょくちょく壊れていたけど、最近マシになったな(^^;

自分のブログ内を検索してみたけど、そういえば昔の券売機って紹介してなかったんだなーと、
気が付きました。古い写真が発掘できたら紹介しますね☆

ベルギーのレイルパスの仕組み、使い方は、過去記事を御覧ください♪

 → http://mooi-belgie.blog.so-net.ne.jp/2015-03-21
 


nice!(24)  コメント(4) 

笑う赤い電車? [鉄。]

.*..*..*..*..*..*..*..*..*..*. Gelukkig Nieuwjaar 2017 .*..*..*..*..*..*..*..*..*..*.

あけましておめでとうございます☆
本年も超マイナー(笑)ベルギーぶろぐをどうぞよろしくお願いします(^^)/*

さて、新年一発目のネタはどうしようと思いつつ、速攻鉄分補給に決定(笑)

DSC05201_800.JPG

昨年4月に、アントワープ中央駅で遭遇した赤い電車\(^o^)/
正面の窓、ワイパーで掃除されたところが笑っている目みたいに見えませんか?
何か機関車トーマスに出てきそうですよね(笑)フランスの電車にもこのテの顔のコいるな〜。

通称「赤い電車」は、ベルギーで使われている電車で一番古いもので、
だんだんと見かけなくなっていて、私がよく利用する西フランダース州では絶滅(汗)
リエージュ・ギユマン駅とオランダのマーストリヒト駅をつなぐローカル線も
数年前から赤い電車ではなくなってしまいました。

でも最近、注意して探していたらアントワープ州ではまだ現役であることがわかりました。
アントワープ中央駅からオランダのローセンダール駅まで走っているローカル線で使われています。
というわけで、ベルギーで赤い電車を拝みたければ、アントワープ中央駅がオススメです☆
(ものすごーくニッチな需要ですけど…爆)


DSC05163_800.JPG

実は同じ日に、別の赤い電車にも遭遇しました。
アントワープ中央駅の地下ホームに到着して、エスカレーターで上っている時、
最上階のホームに停車しているのを発見し、わざわざ写真を撮りに行きました(笑)


DSC05165_800.JPG

このコは密かに「水中メガネ」と呼んでます(^^)/
笑っている顔のコと、どっちが古いのかなあ…。


DSC05169_800.JPG

赤い電車は落書きされているコが多いのに、このコはキレイ目。


DSC05170_800.JPG

扉の形が新しいから、このコの方が後輩かも? これはボタンで開けるタイプ。
一番古いコは、手動レバーを押して開けるタイプで、
すごく固くて開けられないことがたまにある(^^;


DSC05168_800.JPG

いろいろ書いてあるけど、どこ製なのかは書いてませんでした(T_T)


DSC05167_800.JPG

よくこのステップに社名が書いてあるんだけど、このBNのロゴがそうかな?
BNじゃボンバルディアじゃないだろうなあ…。
で、このコは1989年生まれなんでしょうね(^^)
レモンがツールで優勝した年だナ。


DSC05166_800.JPG

謎のマーク(^^;
記録のために。よくかんないけどパチパチ撮ってみました。


DSC05173_800.JPG

この最上階部分が、ターミナル駅だったアントワープ中央駅で
リニューアル以前から使われているホーム。私が初めてこの駅を利用した時は、
このホームしかありませんでした。もう何十年前?(^^;


DSC05172_800.JPG

電車の行き先を見ようとしたけど、ここでは乗れませんよになってしまってました。
奥のゾーンBに行けば出ていたのでしょうが、そこまではチェックしなかったな(^^;
ヨーロッパの大きな鉄道駅では、1つのホームの前と後ろで
行き先が違う電車が止まっているので要注意(^^;


kempen2015_201_800.JPG

2015年にローゼンダール〜アントワープ中央駅の路線を利用した時、
撮影した赤い電車の内部写真も一緒にご紹介しておきます。壁も赤いんですよ〜☆
しかし、夜に途中のローカル駅で乗車したので、暗すぎて車体は撮影できず(汗)
終点のアントワープ中央駅では、乗り継ぎに焦っていたため、iPhoneで写真撮ったら
やはり暗くてピンボケでした(T_T)

またベルギーで赤い電車に遭遇できたら、しつこくご紹介しまーす☆

[追記]
この記事を書くために、いろいろ検索して見つけた赤い電車は
今回紹介したコたちとは違うデザインでした。そのコが私の記憶にある限り、一番古い車両。
きっとどこかで撮影しているはずなので、発掘したらご紹介します。

[赤い電車遭遇率の高いアントワープ中央駅]



nice!(19)  コメント(15) 

里帰り2016、ミッション・インポッシブル?!<その3> [鉄。]

今年の春、ブリュッセル空港でテロが遭った1週間後に里帰りした時のお話を紹介中(^^)/*

成田からコペンハーゲン経由でベルギーのお隣、オランダのアムステルダムに到着。
スキポール空港駅で予定通りタリスに乗車し、いざでっぱつ\(^o^)/

…のはずが、スキポール空港駅を出た途端、タリスちゃん、停まってしまいました(>_<)

何の放送もなく、10分くらい停まっていた後、のろのろと動き出したタリスちゃん(汗)
途中駅のロッテルダムには15分遅れで到着しました。
ベルギーでローカル線に乗り換えるアントワープ中央駅には21時30分到着予定で、
乗り換えには7分しかなくて元々ギリギリだったんですが、
この時点で乗りたい電車には乗れないことが確定(T_T) 次の電車は1時間後。
でも、こんな時間にまだ電車があるだけラッキーでした。田舎だったらとっくに終電(汗)

タリスはブリュッセルからパリに行く時はWiFiが使えるのですが、この日は使えず。
オランダ国内ではやっていないサービスだったのかな?
窓側の席に後から座ったせいで、なんとなく肩身が狭い思いをしながら過ごした1時間でした。
外は真っ暗だし、国境越えたのもわからなかった(^^;


DSC04266_800.JPG

18分遅れで、無事アントワープ中央駅に到着\(^o^)/
まだ移動途中ですが、やっぱりベルギーの地を踏めたのはうれしかった(*^^*)

そう言えば、ブリュッセルのテロ1週間後だったのに、
オランダのスキポール空港はまったく警戒体制ではなく、ブリュッセル通過するタリスに
乗るのにも、荷物検査すらナシ。オランダ人、大丈夫か(^^;
まあ、アントワープの地下駅も、ご覧の通り警備員いなかったけど。


DSC04265_800.JPG

そんなわけで、乗り継ぎまで時間があるので、呑気にタリスちゃんを撮影(^^;


iPhone2016_Bel_0084_800.JPG

iPhoneの魚眼でも撮ってみたり。

スキポール空港からアントワープ中央駅までで、タリスは80ユーロ。
1万円くらいなので、そんなに高くはありません。
しかも、印刷したチケットをよくよく読んだら、タリスを降りた後、
ベルギー国内の駅なら1カ所、無料で行けるサービス付き☆ これはうれしいですね。


iPhone2016_Bel_0085_800.JPG

随分前にリニューアルしてターミナル駅ではなくなったアントワープ中央駅は、
一番深いホームをタリスが利用しています。
昔はここが終点だったけど、一番深いところにオランダにまっすぐつながる線路を作ったワケです。
ここは23番線。一番深いホームは地下2階になるのかな。ホームは20番台になります。
ベルギー国鉄のサイトで、この地下ホームは入場を制限する可能性があるので注意、
って出てたけど、そんな気配は一切ありませんでした(^^;



DSC04267_800.JPG

ここが地下1階かな。1つ上がったところ。
タリスはめっちゃ長いので、私が乗っていた車両はかなりはじっこだったようです。
切符売り場なんかがある駅のメインの建物からすごく離れていた(^^;

もう1つ上がって、電車の時間を一応調べようと、反対側にある時刻表の方に
行こうとしたら、警備の人に制止されました(^^;
時刻表の先に出入り口があったんですが、そこから外へ出ようとしていると勘違いされた模様。
そっちの出入り口はテープが貼られていて、封鎖されていました。
セキュリティ上の理由で、駅に出入りできる場所を中央に限定していたんですね。


iPhone2016_Bel_0087_800.JPG

まだ夜10時でしたが、イースタマンデーの祝日だったせいか、それともテロの影響なのか、
駅の中央エントランス付近は閑散としていました。でもすぐ近くに兵隊さんと駅の警備員さんが
いたので、ここで電車を待ちました。すぐ後ろはスタバなんですけど、もちろんもう閉まってました。

とりあえず、まず最初にやったことは、宿泊先に電話(^^;
電車が1本遅くなってしまったので、到着が深夜0時を過ぎてしまいます。
定宿は小さいけど、いつも夜勤の人がいてくれるので大丈夫かなと思いましたが、
一応予定より遅れるのでマナーとして連絡。もちろんOKで、一安心です。


DSC04268_800.JPG

目的地のコルトレイクへ行く電車は22時37分アントワープ中央駅始発。
時間前に来ていて早めに乗車できるから楽ちん。
それにホーム上で待っていなくても、ベルギーでは電車がホームに到着していると、
駅のあちこちにある出発案内モニターに赤いランプが付くので便利なんですよね☆
で、私が乗る電車は最上階の2階にある1番線でした。ここが昔からあるホームになります。

…いや、多分タリス到着が一番下の階で、乗り継ぐのは一番上の階だろうとわかっていたので、
時間通りにタリスが到着していても、スーツケースを持って7分で移動するのは
難しいだろうなあと思ってはいたんですけどね(^^;;;


DSC04269_800.JPG

アントワープ中央駅始発で、シントニークラース、ゲントを経由して終点のコルトレイクまで行く
電車はちょっと古いゴムゴム電車。これでもれっきとしたIC(インターシティ)。

今回オランダからベルギー入りするにあたって、ちょっと不安なブリュッセルには一切
近づかないルートが選択できたのは好都合でした。
それに深夜の移動でも、よく知っているアントワープ中央駅だったから安心だったし。


iPhone2016_Bel_0093_800.JPG

スキポール空港駅で買ったアイスティーと自転車雑誌を旅のお供に、さらに1時間半の電車旅(^^)/*
予定通り、深夜0時10分にコルトレイクに到着しました。
電車に乗っている間、外は雨だったけど、コルトレイクは降ってなくてラッキー。

ブリュッセル空港から移動しても、コルトレイク到着はいつも夜10時だから、
アムステルダムから2時間しか変わらないで到着できたのは驚き。
アントワープで電車乗り継げていたら、1時間しか変わらない(^^;

でもまあ、やはり疲れていたのか、コルトレイクに到着した時の駅の写真は撮ってませんでした。
いつもプリュッセル〜コルトレイクの電車ではもう眠くてウトウトしているのに、
この日はずっと起きていて、途中駅を全部メモってた(笑)んですけどね。


iPhone2016_Bel_0097_800.JPG

と言いつつ、駅前のホテルに宿泊しているチームのバスの写真は
ちゃんと撮っている自分、エライ。(そこは外さない)

いつもの定宿まで、数分ですが深夜0時にゴロゴロとスーツケースを引いていって
(騒がしくて申し訳ないと思いつつ…)外の呼び鈴を鳴らしてホテルのドアを開けてもらい、
無事チェックイン。部屋に上がって荷解きをしたのはもう夜中の1時でした。

と、言うことは、すでに日本は朝8時。家に到着の電話を入れて、ニュースをチェックして
翌日のレースのスタート情報を確認して(出発前にやっているゆとりがなかった…苦)
寝たのは夜中の2時。さすがに爆睡で、翌朝目覚ましの音が何なのか、
ノーミソが理解するのに時間がかかりました(^^;

これにて、ミッション・コンプリート☆ 良い子はマネしちゃだめですよ(笑)
(帰国後、あちこちで「ええっ今年も行ったの?!」と、驚かれました)

[コルトレイクの場所を一応地図で置いておこう]



nice!(18)  コメント(4) 

里帰り2016、ミッション・インポッシブル?!<その2> [鉄。]

今年の春、ブリュッセル空港でテロが遭った1週間後に里帰りした時のお話を紹介中(^^)/*

sas.jpg

スカンジナビア航空でコペンハーゲン経由、ブリュッセル行きの航空券を
アムステルダム行きに変更してもらい、ホッと一安心したのもつかの間。
当日、空港に行くとカウンターで「飛行機の到着遅れで出発時刻が11:40から13:10に変更してます」
と、言われて唖然。コペンハーゲンには何時に着くのかと確認したら、17:00とのこと。
アムステルダム行きは18:10出発なので、これ以上遅れなければ何とか間に合いそう。

一抹の不安を抱えつつ、空港内をフラフラ。出発時間が遅れたせいなのか、
この日はチェックインに30分かかったので、そんなに待ち時間は長くなかったんですけど。

…余談ですが、ブリュッセルのテロ事件から1週間しか経ってなかったのに、
JR成田空港駅を出た所でパスポートチェックをしていなくてビックリしました。
だ、大丈夫かニッポン?? (´・ω・`)

搭乗時刻が15分遅れてハラハラしたものの、飛行機は13:25に無事出発。


DSC04251_800.JPG

文字ばかりではつまらないので、機内食の写真。
ケチケチSASは「ビーフorチキン」がなく、食事は1種類のみ。
食事の前のスナックも廃止され、ドリンクサービスも食事と一緒。
食事以外の時にもらえるのは水だけです(^^;


DSC04253_800.JPG

アームストロングの映画「The Program」、日本語吹き替えなかったけど鑑賞。
面白かったけど、ベルギーのレースを陳腐に表現していたのはいただけなかった(;´Д`)

でもSASのエアバスは最新モデルのようで、座席もちょっと広くなっている気がするし
(その後、KLMに乗る機会があってなおさらSASは広いなと感じた)
前の座席に付いているモニターのところにUSBポートやイヤフォンジャックもあって便利。
イヤフォンは普通のヤツになっていたので、持ち帰って愛用してます(^^)


DSC04255_800.JPG

朝ごはんはコールドミールでチキンサラダ。
パンはメチャクチャ硬かった。電子レンジで温めたやつを一度放置してまた温めたみたいな感じ。

コペンハーゲン空港には、17:20に到着し、機内から出たのは17:30。
何しろ時間がなかったので、写真はありません(^^;

コペンハーゲン空港の乗り継ぎは、運がいいとセキュリティチェックなしなんだけど、
この日は運悪く(汗)セキュリティチェックを受けるのに15分。入国審査はすぐに終わり、
そこでターミナルをチェックしたら「徒歩9分」という表示。
コペンハーゲン空港って広いんだよね(泣)でも、がんばって5分で移動したら、
ちょうと搭乗が始まったところでした。セーフ☆

アムステルダム行きは18:20出発。ほぼ満員だったのは、ブリュッセル空港閉鎖の影響かな。
19:35分到着予定でしたが、5分前に着いて、機内を19:45には出られました。
荷物を受け取って20:00。アムステルダムのスキポール空港は鉄道駅が直結なんですけど、
本当に空港出てすぐ駅だったからラッキー。私が予約していたタリスは20:33発だったので、
時間にゆとりがあって、飲み物と雑誌を買ったり、写真を撮ったりできました☆


iPhone2016_Bel_0070_800.JPG

スキポール空港。


iPhone2016_Bel_0072_800.JPG

スキポール空港駅にはお店がたくさんありました。


iPhone2016_Bel_0073_800.JPG

私の大好きなG-Star RAWが! 開いているけど、さすがに見る時間はなくて残念。


iPhone2016_Bel_0074_800.JPG

本当に空港直結で便利な鉄道駅。


iPhone2016_Bel_0077_800.JPG

小さくてわかりづらいけど、スタバもありました。


iPhone2016_Bel_0076_800.JPG

切符売り場。買っている時間はないと思っていたので、オンライン予約したんですけどね。


iPhone2016_Bel_0078_800.JPG

電車の出発案内はちょっと見にくい(^^;


iPhone2016_Bel_0080_800.JPG

ホームは地下にあります。


iPhone2016_Bel_0081_800.JPG

ハイ、こちらが駅名標。


DSC04257_800.JPG

ここから普通のコンデジ写真。結構お客さんのいるホーム。
実はまだ、前の列車が来ていません。


DSC04259_800.JPG

前の列車到着。ローカル線かな?


DSC04256_800.JPG

ここにある、Hoofddorpという町に向かう列車でした。スキポール空港の近くですね。


DSC04260_800.JPG

リドルというスーパーの広告。イースターのウサギクッキー(^^)


DSC04261_800.JPG

モニターで自分が乗車する車両の停止位置が確認できて便利。ベルギーにはないかも(^^;


DSC04262_800.JPG

5番線に来るのか、6番線に来るのか最初はわかりませんでしたが、
前の電車が出発したあと、5番線に来るとの表示が出ました。


DSC04263_800.JPG

故郷ベルギーの新幹線、タリス到着\(^o^)/ 時刻通りです。


DSC04264_800.JPG

すでにアムステルダムで乗客が乗っていたパリ北駅のタリスはすでに混雑していて、
スーツケース置き場もかなり満杯。上の棚に上げなければならず、四苦八苦。
しかし無事、ベルギーへと向かう電車に乗ることができたのでした(^^)/*

(つづく)
 
[アムステルダム・スキポール空港]



nice!(15)  コメント(6) 

メヘレン散策その1:出発点はモチロン鉄道駅 [鉄。]

我が街ルーバンとアントワープの間に、メヘレンというちょっと大きな街があります。
そう言えば、自分がいつメヘレンを知ったのか、思い出せないな(^^;
ワタシのベルギーに関する知識は、9割自転車レース関連なんで(笑)少なくともレース関連ではない。
やっぱり鉄道駅としてかな。ブリュッセルからアントワープに行く時も通過するから。
メヘレンはググってみたら、アントワープ州の街でした。一番南はしだな。

DSC02454_800.JPG

ルーバンからメヘレンまでの車窓はとてものどかで、こんな林の中も通過します。
ワロン地方なら森の中を走るのはめずらしくないけど、フランドル地方ではめずらしいんです。


DSC02456_800.JPG

ハイ、メヘレン駅です☆ いつものカラフルなポールがお出迎え。
ルーバンからメヘレンまでは電車で約25分。
去年、ふと行ったことのない街を歩きたくなって、午後からふらっと出掛けました。
めずらしくピーカンな一日でした。

メヘレンは、近くの田舎町にある博物館に行く目的で、
何年か前に乗り継ぎで利用したことがあったんですが、
その時は駅前をちょっとふらふらしただけで、町中には行かなかったんですよね。


DSC02455_800.JPG

駅前には何やら軍人さんの胸像がありましたが、誰だろう(^^;
しかし、何故かこの時、行きは駅舎だけ撮影して、駅のホームも周辺も撮影していなかった。
ダメダメですね(^^;

フランダース地方のメヘレン(Mechelen)は、フランス語だとマリーヌ(Malines)になります。
いや、これはベルギーではまだマシな方なんですけどね。なんとなくイメージできるから。
それでも昔、ブリュッセル南駅の時刻表でメヘレンが探せなくて難儀していた日本人観光客がいて、
マリーヌですよ〜って、お助けしたことがありました(ブリュッセルの時刻表はフランス語表記)。
たまたまいつも電車で通過するときに、フランス語表記の駅名標を見ていたから知ってたんですよね。


DSC02457_800.JPG

ハイ、これがメヘレンの地図です。鉄道駅はいつも通り町外れ(地図の下のBマーク)にあります。
ヨーロッパではよく見かける光景です。まず町ができて、後から線路は引かれるから(^^)
Centrum(セントラム)というのがセンター、町の中心部のことです。

駅前にはあまり入りたくない感じの(笑)古いレストランやカフェが数軒あるだけで、
(その写真も撮り忘れたらしい)ショップもないから、とにかくセントラムに向かいます。
地図があったのは、ちょうど街をぐるりと囲むリングと呼ばれる環状道路を越えた場所でした。


DSC02458_800.JPG

地図があった場所の横にあった建物はシンプルなんだけど、
こんな綺麗なバルコニーが付いてました。ハープかな。


iPhone2015_bel_1566_800.JPG

いつもの魚眼登場(^^)v 建物の外観はこんな感じです。
ググッてみたけど、別に特別な建物ではないようです。
ヨーロッパって、そういうの多いですよね。
この案内板の奥の道をまっすぐ進んで行けばセントラムです。


DSC02459_800.JPG

春といえばマドリーフィエことヒナギク。あちこちでこの小さな白い花が咲いてます。
ヨーロッパって、街中でもこういうちょっとした緑の場所があちこちあるから好き。
日本は広場文化がないから、都会は緑も少ないですよね(T_T


DSC02460_800.JPG

途中見つけた画材屋さんの絵の具がツボで撮影していたら、
後ろの通行人にめっちゃ観られていたのね(^^; ←今気がついた。
変な日本人が変なもん写真に撮ってると思われたことでしょう。


DSC02461_800.JPG

メヘレン駅から15分ほど歩いたら、ショッピングストリートになってきました☆
(つづく)


[メヘレン駅]



nice!(5)  コメント(7)