So-net無料ブログ作成
検索選択
おもしろいにゃ〜。 ブログトップ
前の10件 | -

「フランダースの犬」ゆかりの町、ホーボーケン #その3 [おもしろいにゃ〜。]

アントワープ郊外のホーボーケンという町を紹介してます☆

DSC01003_600

メーデー(5月1日)の祝日だったからか、町にはケルメス(移動遊園地)が来てました♪


DSC01005_600

アヒルちゃんを釣るゲーム。20年近く昔に、別の町のケルメスでこのアトラクション見たな(^^;
同じものかどうかはわからないけど(笑)


DSC01006_ 600

アヒルちゃんだけでなく、船もありました。


DSC01007_600

ヘルメットかぶったアヒルちゃん(アヒル隊長?)もいたり(^^)


20140501_hoboken_020_ 600

20140501_hoboken_021_600

レース写真を撮影するために一眼持って歩いていたので、無駄に撮ってみたり(笑)


20140501_hoboken_028_600

こっちはカエルの口にボールを放り込むゲーム。カエラーとしては外せません(笑)


20140501_hoboken_026_600

ランダムに口を開けるカエルたち、超かわゆす…ムービーで撮ればよかったな(^^;


iPhone2014_1821_600

iPhoneの魚眼で全景を撮影。広角になるからこーゆーとき便利。
子供たちに大人気のカエルゲームです☆


iPhone2014_1822_600

この子たち、おそろいのパーカだから兄弟かな?


20140501_hoboken_015_600

アトラクションの景品。これはベルギー代表サッカーチーム「赤い悪魔」のマスコットかな?


20140501_hoboken_022_600

ペンギンさんもかわゆす(^^)


iPhone2014_1823_600

小さい子向けの乗り物アトラクション。「子供の夢」って書いてあります。


iPhone2014_1826_600

よく見ると、米国の某社に怒られちゃうペイント(^^;


iPhone2014_1828_600

ケルメスではよく見かけます(^^;

20140501_hoboken_106_600

値段表が手書きなのは、その時によって値段を変えているからかな?
今日は1回2.50ユーロ、回数で割引があるみたいですね。
価格表の下には、私が観に来たレースのポスターが貼ってありました。


DSC01010_600

こっちは少し大きな子供向けの乗り物アトラクション。


iPhone2014_1819_600

魚眼でも撮ってみました☆


DSC01011_600

バンジーっぽいアトラクション? これは初めて見たな。


DSC01013_600

これはよく見かけるやつ。


DSC01014_600

背景はポセイドンかな?


20140501_hoboken_017_600

ベルギーのケルメスは何度見ても飽きません。
こんなレトロなアトラクションで集客できるのかなあと思うんですけど、
結構子供から大人まで、大勢集まるから不思議です。
…ベルギーって、あまり遊園地ないからですよね、きっと(^^;

[ホーボーケン]




nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

「フランダースの犬」ゆかりの町、ホーボーケン #その2 [おもしろいにゃ〜。]

アントワープ郊外のホーボーケンという町を紹介してます☆

DSC01000_600

アントワープ中央駅からトラムで30分くらいの田舎町。
町外れの教会も質素な感じですが、私的には見慣れた田舎の教会でホットします(^^)
ベルギーはカトリックの国なので、町や村の中心には必ずこういう教会があるんですよね。

こんな田舎町を訪れる日本陣観光客なんて、普通はいないんですが、
ホーボーケンには昔から日本人観光客がよく訪れるそうで、その理由は…


20140501_hoboken_077_600

このヒトたちです。ハイ、ネロとパトラッシュですね(^^)/*
ホーボーケンは「フランダースの犬」で、ネロが住んでいた村と言わててます。
…と言ってもお話だから(笑) しかも、英国人作家が書いた話だから、
ベルギー人にはほとんど知られていないのは有名な話。
私も何人かのベルギー人に聞いてますが、誰も知りません(^^;

でも、今で言う聖地巡礼? 的な物語のファンが訪れているうちに、
ホーボーケンの人たちは、どうやら何もない町がそれで観光名所になるかも?
と狙ったらしく、こんな銅像を建てちゃったみたいなんですよね(笑)


20140501_hoboken_103_600

パトラッシュがよく見える側からもパチリ。
この銅像作ったヒトは、「フランダースの犬」を知らないんでしょうね。
パトラッシュ、やたら小さいもん(^^;

脱線しますが、パトラッシュはボビエ(ブービエ)という種類の犬だろうと言われてます。
それがこのコ。


DePanne2017_3a_0002_600

(この写真はホーボーケンで撮影したものではないです)
アニメのパトラッシュとは似ても似つかないのは有名な話。でもかなりの大型犬(^^;
私はこのボビエが大好きなんですけど、人懐っこくない犬種だから
うっかり撫でたりしないようにと現地の人に注意されたことがあります。


さて、本題に戻ってネロとパトラッシュの像。
ホーボーケンのメインストリート(トラムが通っている通り)から1本入った
細い路地の歩道に設置されているんですが、どうして写真が像のアップばかりだったかと言うと…


DSC01002_600

ちょうどその路地が自転車レースのコースになっていたので、
いつも台座に誰か陣取って座っていたので、全景が撮れなかったのでした(^^;
結構こじんまりとした銅像です。


20140501_hoboken_073_600

せっかくなので「レースと銅像」という構図で写真を撮りましたが…むずい(^^;


20140501_hoboken_075_600

銅像の近くには日本国旗も飾られていました。


20140501_hoboken_063_600

お店に貼ってあったポスター。日本との交流関係の展覧会をやってたみたいです。


iPhone2014_1829_600

レース観戦している間に、やっと人がいなくなった瞬間があったので、
いつもの魚眼で全景を撮影。銅像の下にライトがあるから、夜はライトアップされるのかな?


iPhone2014_1817_600

銅像の近くの路面に埋め込まれていたプレート。
私、アニメも観ていないのでよくわかんないんですけど、
ホーボーケン村には風車がある設定らしいですね。

…しかし、架空のお話なのに、ちゃっかり銅像作って日本人観光客ウエルカムな
ホーボーケン、やはりフランダースの商人はやり手です(笑)
で、きっとワタシもこの銅像をしつこく写真撮っていたから、そんなカモ…
いやいや日本人観光客だと思われていたのかもしれませんが、
ワタシの目的はあくまでも自転車レースですから(^^)v
(銅像撮影はあくまでもこのブログのネタ…笑)


20140501_hoboken_076_600

オマケで銅像とは反対側の並びにあったパン屋さんのカップケーキ。
新大陸っぽい色使いですが(笑)アヒルちゃんがかわいかった(^^)
ショーウインドー越しに撮っているのでキレイぢゃないですけど。


20140501_hoboken_064_600

カメさんのカップケーキもありました☆ メーデーなのにお店開いていたから
びっくりでしたが…買っても食べられないし(カメさんは食べられない…)
レース観戦のジャマになってしまうのであきらめました(^^;

[ホーボーケンのネロ&パトラッシュ像]



nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

久々ベルギーで見つけたビミョーな日本語…と、思ったら? [おもしろいにゃ〜。]

DSC00586_800.JPG

アントワープのショッピングストリートにあった、オサレな靴屋さんのショーウインドーで
ビミョーな日本語発見! と、この写真を撮った時には思ったわけですが、
後日調べてみたら、どうやら中国語で「靴」は「鞋」って書くみたいですね(^^;
イマドキ中国の方が観光客多いし、もしかして狙って使ったのかも??
ちなみに「Schoenen」というのがオランダ語で靴のことです。

鞋なんて漢字、初めて見ましたよ。カエラーにはどうしても蛙と読めてしまう(^^;

話は戻りますが、去年のブリュッセルのテロの影響で、
やっぱりベルギーを訪れる観光客が減っているんでそうです。
5月滞在中のニュースでやっていたんですが、特に日本からは45%減だとか。
確かに今年ブリュッセルやアントワープで見かけたのは、中国人観光客の団体ばかり。
グランプラス近くのタンタンショップには、中国人の店員さんがいますもんね(汗)

出稼ぎに戻ってからも、相変わらずヨーロッパのあちこちで小さなテロが続いていて、
不穏な情勢が続いています。海外へ行かれる方は、気をつけてくださいませ m( _ _)m

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

イースターのタマゴ飾り@コルトレイク [おもしろいにゃ〜。]

ディズニー・リゾートが何年か前からイベントをやるようになったからなのか、
最近突然日本でもイースターをクリスマスやハロウィーンのような商業戦略に使うようになって、
今年もボチボチお菓子屋さんでタマゴやウサギを見かけるようになってきました。

みんな、イースターの意味なんて知らないだろうなあと思いつつ、
とりあえず何でも「酒が飲めるぞー」な国民だから、意味なんてどうでもいいんでしょうね(^^;
当ブログではちょくちょく取り上げてますが、それは私が里帰りするのが
いつもイースターの時期だから。今年は4月16日だそうですφ(..) メモメモ


iPhone2015_bel_349_800.JPG

2015年に撮影した、コルトレイクのショッピングセンター「K」の写真。
吹き抜けにタマゴがぶら下がっているの、わかるかな?


iPhone2015_bel_351_800.JPG

上の階に上がると、こんな巨大なタマゴのオブジェがありました☆
ウサギとヒヨコもイースターの主役。ちなみにフラマン語ではイースターはパースンです。


iPhone2015_bel_352_800.JPG

子供たちが喜びそうな飾り付け(^^)
私がイースターというお祭りを知ったのは、子供の頃読んだスヌーピーの漫画だったナ。
みんなでカラフルなたまごを探すゲームをやっていました。
それは米国の風習なのかな? ベルギーではもっぱら巨大なウサギやヒヨコ(中は空洞)の
チョコを友達や家族にプレゼントしてますね。(私が知らないだけかもですが…笑)


[コルトレイクのショッピングセンター「K」]



http://www.k-in-kortrijk.be
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

のみの市@ブルージュ [おもしろいにゃ〜。]

2007年に始めたこのブログも、そろそろ画像ファイルの容量がさみしくなってきたので、
以前登録しただけで紹介していない画像があったよなあ〜と、捜索していて見つけたのがこのネタ。
…ブルージュの「のみの市」って、そう言えば紹介してなかったんだ(^^;
自分のブロクを検索してみたけれど、出てこなかったからないんだよなあ(^^;
(本人は画像を取り込んで紹介していた気分になっていた…多分。)
しかも、取り込んだのが2015年で、写真は2011年のもの(^^;


coolpix2011bel-281_800.JPG

運河沿いの細長い広場で開かれていたのみの市。多分、土曜日(^^;


coolpix2011bel-283_800.JPG

レ・ミゼラブルに出てきそうな燭台(^^; のみの市、っていうか骨董市? 
さすがブルージュですね。


coolpix2011bel-282_800.JPG

これは水差し? 中世の映画でしか見たことがないようなものですね。
こういうの買って、どうするんだろう。レストランとかで、インテリアにするのかな?(^^;

きっとこーゆーネタがたくさんこのブログには埋もれているんだろうな。
ネタはたくさんあるんだけど、写真ともども整理する時間がなかなかなくて、
紹介できていないだけなんです。…自称フランダース観光大使(ウソ)頑張ります(^^;


[ブルージュでのみの市をやっていた場所]



nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

フランドル地方旗のペナントかと思っていたら…?? [おもしろいにゃ〜。]

数年前に、自転車のみの市で買ったレーウ(ライオン)の紋章のペナント♪

DSC00550_800.JPG

サッカーの試合なんかで、最初に交換するヤツですね。
のみの市で見つけたとき、ちょっと悩んで買わなかったんですが、
翌年まだ売られていて、これは何かの縁だろうと購入。15ユーロでした(2000円くらい)。

その時は、あまり深く考えずに「レーウだ!」って喜んでいただけなんですが、
ある日、ふと「このWaziersって町は何処だろう」って検索してみたんです。

…北フランスでした(爆)




ああ、だからレーウの紋章にもフランドル(FLANDRES)って、フランス語で入ってたんだ(^^;
と、急にボケてたノーミソが動き出しました(笑)

黄色地に黒いライオンが描かれたベルギーのフランドル地方旗は、元々フランドル伯の紋章で、
当時は北フランスのあたりも支配していたんですよね。
だからこれはフランスのフランドル地方の旗印だったわけです(^^;
…紋章にフランドルって入っているのは見てたんだけど、何とも思わなかった(笑)

基本的な話ですが、フランドル(FLANDRES)はフランス語。
フラマン語やオランダ語ではブラーンデレン(VLAANDEREN)になります。
パトラッシュ的なフランダース(FLANDERS)は英語表記なんですよね、ああややこしい。

まあ、たとえ昔の領地でも(笑)レーウはレーウなので、フランスのものだとわかっても
このペナントは宝物です☆ タペストリーにしている巨大フランドル地方旗と一緒に飾ってあります。

余談ですが、ペナントに書かれているF.S.G.TはFédération sportive et gymnique du travailの
略号で、直訳すると「労働のスポーツと体操連盟」…実業団の団体みたいなヤツかな?(^^;
 
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

コルトレイクの広場に出現したポップアップレストラン [おもしろいにゃ〜。]

今日も2014年のネタです(^^;

DSC00593_800.JPG

コルトレイクの劇場の前にある広場。この日はケルメスに占拠されてなくて、のどかな感じ。
…かと思いきや、何か奥の方に見慣れないプレハブの建物が見えます。


DSC00595_800.JPG

結構大きな建物。POP-UP Restaurant って書いてありますね。


DSC00597_800.JPG

反対側から見るとこんな感じ。右後方が劇場(そう、劇場なんだよね。いつも市庁舎と間違える)。

実はコレ、vtmという民放TV局が当時やっていた「Mijn POP-UP Restaurant」という番組の
建物なんです。ポップアップストアは最近日本でもよくあるけど、レストランは初めて観た(^^;

vtmには昔「Mijn Restaurant」という人気番組があって、直訳すると「私のレストラン」。
まあ、簡単に言えばオサレなレストランをいくつか集めて内装やらサービスやら料理で対決させ、
最終的に1番を決めるんですが、レストラン対決というか、そのレストランがある街の対決みたいな
感じになって、今年はアントワープが1番だ、いやハッセルトだ…ってな具合に盛り上がってました。

「Mijn POP-UP Restaurant」は、その後継番組。オランダ語はちょっとしかかわらないので、
私の認識だと、お店を持っていないカップルが仲間と期間限定店舗で営業して、ライバル店舗と
競うって感じ。優勝者の賞品がレストランなのかなって思ってみてました。
ベルギーはそういう番組多いんですよ。素人参加番組(^^; 対決で家を作らせたりとか。
このテの番組は、比較的オランダ語がわからなくても内容がわかるので、ちょくちょく観てます。


DSC00596_800.JPG

これがレストランの入口。この写真を撮った後、早速番組を観てみたら、
中は結構本格的なオサレレストランでした(^^;

ネタで入ってみようかなあ〜、なんてその時はちょっと考えて止めたけど、
番組を観ていたら飛び込みのお客さんに「予約していないの? それは無理だわ」
って断っているシーンがあったので、要予約であることが判明しました。
TVでやっているレストランだったら、そりゃ誰でも入ってみたいですもんね(^^;

しかも、番組観ていると料理は高そうなものばかりで、きっと50ユーロ超えるような
メニューなんだと思います。私が自腹で入ることはまずないナ(笑)

[コルトレイクの劇場前広場]



nice!(18)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ブリュッセル空港のパノスは何故か「アレ、エディ!」(・∀・) [おもしろいにゃ〜。]

当ブログでちょいちょい登場するベルギーのパン屋さん「Panos(パノス)」。
昨年ブリュッセル空港のゲートAとゲートBを接続する連結通路がオープンしてできた
新しいエリアにお店ができていました☆


DSC06876_800.JPG

どこの町にでもある人気のチェーン店なんですが、ここは広い。
でも、ブリュッセル空港でゆっくりパン食べる時間はないので、利用できない(^^;


DSC06873_800.jpg

よく見ると、通路の方を向いて座るテーブルの壁に、ロードレースの自転車選手が
描かれてます(・∀・) いや〜、ベルギーですね☆


DSC06874_800.JPG

去年発見した時には、お客さんが座っていたので写真がちゃんと撮れなかったんですが、
今年は誰もいなかったのでラッキー☆ 正面から撮影できました(^^)v
これ、座っているお客さんが身を起こすと、下半身が選手になる写真が撮れるんだなあ。


DSC06875 2_800.JPG

右側の方はお客さんが座っていたので、ちょっとナナメから撮影。実はこっちが撮りたかった(笑)
真ん中に「ALLEZ EDDY」って書いてあるから。ベルギー人なら、これを見てニンマリします。
「行け、エディ」という意味のフランス語なんですが、エディというのは、
ベルギーの自転車競技史上で最も偉大な選手「エディ・メルクス」のことだから(^^)

何故、ここに「ALLEZ EDDY」って書いてあるのかは謎。ネットで調べても出てきません。
数年前、ベルギーでこのタイトルのTVドラマをやっていたことがあるので、
もしかして関係しているのかな? とも思うんですけど。

いつか時間にゆとりがあったら、この席に座って写真撮りたいですね。
…問題は、いつも一人旅だから、誰に撮影してもらうかだ(爆)

[パノス@ブリュッセル空港]



http://www.panos.be

nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

メヘレン散策その9:水上探検隊?!(後半) [おもしろいにゃ〜。]

アントワープ州のメヘレンという街を散策した時の写真を紹介しています。
ダイレ川に掛けられている、ダイレパッドという川面の小道探検、後半(^^)/*


DSC02584_800.jpg

しばらく川面の小道を歩いていたら、2つ目の橋が見えてきました。
地図で調べたらフロート・ブルフって名前だったので「大橋」ですね(^^)
左手の茶色の大きな建物はレストラン・マドリード。有名なレストランなのかな?


DSC02585_800.jpg

大橋通過。だいぶ暗くなってきたかな?


DSC02586_800.jpg

大橋を通過したら、対岸に賑やかな広場が見えてきました。
3本目の橋もありますね。鉄製?


DSC02587_800.jpg

お約束で振り返って大橋の全景を撮影。


DSC02588_800.jpg

これは建物と建物の間の路地につながっている道。
でも、まだ先がつながっているので水上の小道を歩きます。


DSC02589_800.jpg

カフェがいっぱいある広場ですね。地図で調べたらフィス・マルクト。魚広場です。
昔はここが魚河岸だったのかな?


DSC02590_800.jpg

ここに3つ目の鉄製の橋があって、一旦小道が途切れたのかな? 
(すみません、よく覚えていなくて)
なんか1枚撮影してなかったようです(汗)橋にぶつかった写真がないや。
とにかく右手に上がるスロープがあったので、そこを上がります。


DSC02591_800.jpg

「自転車のヒトは降りてね」って標識がありました。右側は橋です。
とりあえず、橋を渡って魚広場の方に向かいます。


DSC02598_800.jpg

魚広場から撮影した橋。向こう側が全面スティールで、手前側がガラス張りのモダンな橋です。
対岸にはガラス張りのモダンな建物があって、この橋とセットでデザインされているようでした。


DSC02596_800.jpg

橋の上から魚広場を撮影。カフェが並んでいて、平日なのにお客さんがたくさんいたので、
(多分もう6時過ぎてたから、仕事終わって一杯タイム)
ちょっと写真をパチパチ撮影するのははばかられました(^^;
しかし、この橋、両側ガラス張りにすればよかったのになあ…。


DSC02597_800.jpg

魚広場は建物の屋根を撮影。また次の機会に、人気のない時間帯に撮影しに来よう…。


iPhone2015_bel_1597_800.JPG

広場にかわいい自転車が停められていたので、逆光だけど撮ってみました。


DSC02594_800.jpg

鉄の橋の上から、川面の小道を歩いてきた大橋方向を撮影。
これ、もう少し日の高いうちに撮影するべきだったな(^^;
ベルギーにしてはめずらしい快晴だったのに(笑)
何の下調べもせず、行き当たりばったりんで観光しているツケが…。
でも、何も知らずに歩いている方が、探検っぽくって好きです(^^)


DSC02592_800.jpg

川面の小道は、鉄製の橋の反対側にも少し伸びてますが、そこが終点。
なので歩いてみませんでした。


DSC02593_800.jpg

鉄の橋の上から、反対側を撮影。白いプレハブみたいなのがある所で、
川面の小道は終わってます。泊まっている船は、さっきの遊覧船かな?


DSC02599_800.jpg

鉄の橋には「LAMOT」という文字と、矢印っぽい「>」がデザインされてました。


DSC02600_800.jpg

対岸にあるガラス張りの建物が「LAMOT」なのかな?
って、調べに行ったら、やっぱり入り口に「LAMOT」って書いてありました。
コンベンションセンターのようですが、あとで調べたら、元々は醸造所の建物!

http://lamot-mechelen.be

うーん、近くで見すぎていて全然気が付かなかった(^^;
これも次回散策の宿題ですね。
このガラス張りの建物の中にもカフェがあって、気になりました。

川面の小道、ダイレパッド散策は写真をパチパチとりながらゆっくり歩いて20分くらい。
ちょっとお散歩するのにはいい距離ですね。
魚広場周辺も散策してみたかったけど、そろそろ駅方向に戻ります(^^)/*

(つづく)

[魚広場@メヘレン]



nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

メヘレン散策その8:水上探検隊?!(前半) [おもしろいにゃ〜。]

アントワープ州のメヘレンという街を散策した時の写真を紹介しています。

DSC02468_800.JPG

広場へ向かっていた時、気になっていたダイレ川の上の小道。


DSC02465_800.JPG

ワッフル食べて休憩した後、ここを歩いてみることにしました。


DSC02566_800.jpg

休憩したマルグリートは左の橋を渡った先にあります。
ここまで戻ってきました。


DSC02567_800.jpg

広場を向いて、右側の川面に小道はありません。ここが端っこです。


DSC02568_800.jpg

小道へと降りるのは階段ではなく、スロープでした。
自転車でも降りられそうですね。


DSC02569_800.jpg

さっきと同じ場所を水上の小道の上から撮影。
水面レベルで見ると、世界がちょっと違って見えますね。
左手にあるのは植物園。結構大きな敷地の公園になっていて、
ちょっと気になったんですが、また次回探検に行くことにして、
水上探検に出かけます( ̄^ ̄)ゞ


DSC02570_800.jpg

いざ出発\(^o^)/
時刻は夕方6時ですが、ベルギーはこの時期(4月)8時ころまで明るいんです。
とはいえ、進行方向に太陽があるので、ちょっと逆光気味ですね。
実際にはそんなに暗く感じなかったんですが、写真はみんな暗くてフォトショで加工しました。
反対向きの方が順光で写真はキレイなんですよね。時々振り返って撮影しないとね(^^;


DSC02571_800.jpg

広場へ向かっている時に通過した橋の下。石橋の裏側に水面がキラキラ反射してキレイでした。


DSC02573_800.jpg

石橋の下は、こんな風に小道が掛けられてます。
手すりが鉄パイプで、なんか簡易的な感じなのが不思議。
でもこの小道、グーグル・マップで調べたらちゃんと名前も付いてました。
ちなみにダイレパッド、ダイレ川の小道って名前です(そのまんま)。

左手のお家には、ダイレクトで入れるようになってました。

DSC02572_800.jpg

ブルージュの運河には、自分ち専用の運河側通用口があるけど、
これって橋までかかっていてスゴイ(・∀・)
お散歩したくなったら、こっから出てすぐ水面の小道って、いいなあ♪


DSC02574_800.jpg

最初の石橋の違うアングルをもう一枚。
ちなみにiPhoneは川に落としたら困るので、水上探検中はカバンから出しませんでした(^^;


DSC02575_800.jpg

川面歩いている気分で気持ちよかったです。
ベネツィアの運河のように、水が臭くはないし(^^;


DSC02576_800.jpg

時々振り返って、順光を撮影。他にも散歩中の人たちがちらほらいました。


DSC02578_800.jpg

川岸の植物も楽しめます。これはでっかい猫柳?


DSC02577_800.jpg

ダイレ川の流れに沿って、水面の小道も蛇行しているのがわかりますね。


DSC02579_800.jpg

ボートが通過していきました。観光用かな?


DSC02580_800.jpg

川岸の壁。じつはよく見ると…


DSC02582_800.jpg

蔦か木の根っこの間に、鳥がいました。ここが巣なのかな?


DSC02583_800.jpg

何という種類の鳥なのかは不明。
でも、水鳥のようで、水面の影にもいました(そっちは遠くて撮影できず)。


DSC02581_800.jpg

記録として3アングル載せときます(^^;

長いので、後半につづきます☆

[ダイレパッド@メヘレン]



https://toerisme.mechelen.be/nl/dijlepad

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - おもしろいにゃ〜。 ブログトップ