So-net無料ブログ作成
検索選択

ショードフォンテーヌのシャトーホテルを訪ねて☆その1 [鉄。]

ベルギー南部ワロン地方に、ショードフォンテーヌという町があります。
chaud =熱い fontaine=泉 つまり、温泉ですね(^^;
この町を初めて認識したのはミネラルウォーターでした。
1番有名なのは温泉の語源になっているスパだけど、ショードフォンテーヌの
ミネラルウォーターもベルギーではおなじみのブランド。
ガラス瓶入りの、ちょっと高級なイメージがあるかな?






場所はリエージュ近郊。地図上で斜め下あたり。
この記事を書くのにググろうとしてスペルを間違えたら、フランスにも2カ所、
ショードフォンテーヌがありました。でもそっちはつづりがChaudefontaine。
ベルギーはChaudfontaineと途中のeがないことに、今気が付きました φ(..)メモメモ
…いや、普通考えたらeが入るよなあ、さすがワロン語(^^; ←

閑話休題。2014年に、このショードフォンテーヌに仕事で行く用事があり、
もちろんこんな有名な町だから(温泉地だし)鉄道駅くらいあるだろうと思ったのに、
何と、ナイ! バスで行くしかありません(T_T)
ワロンだから2時間に1本の超ローカル路線は覚悟していたけど、まさかナイとは意外。

でも、近くを線路が走っているのは現地で確認していたので、
もしやと思って調べたら、やっぱり昔はちゃんと駅がありました。

https://www.rtbf.be/info/regions/liege/detail_la-gare-de-chaudfontaine-sera-rehabilitee-pour-decembre-2017?id=9491011

1986年に閉鎖。でも、今年12月に再開予定みたいです。わー、楽しみ☆

それはさておき、今はバスで行くしかないショードフォンテーヌ。
リエージュからバスが出てますが、私は至近の鉄道駅からバスに乗りました。


iPhone2014_1518_600

リエージュ・ギユマン駅からベルビエール行きの1時間に1本の電車に乗り、
2つ目のシェネー(Chênée)で下車。所要時間は10分くらい。
平日昼間だったから、元々空いてる電車だったけど、降りたのもワタシだけ(^^;


iPhone2014_1519_600

線路が高台にあって、片側こんな緑なんで、ちょっとドキドキ。
でも、リエージュから大して離れていない町のはずだから(笑)


iPhone2014_1520_600

ホームから地下道を通って外に出ようとしたら、途中で野良ネコにめっちゃ見られた(笑)


iPhone2014_1521_600

日光浴のジャマが入ったと不機嫌そうなネコ(笑)
この時間、普段は人間通らない場所なんだろうな(^^;


iPhone2014_1524_600

複雑な駅への入口。1番左側から出てきました(^^; 
出てきたからそこが駅の入口だってわかるけど、知らなかったら迷うやつだ…。
駅舎らしき建物もないしねえ…。





地図で確認。やっぱりシェネー駅は、駅舎のない無人駅みたいですね(^^;


iPhone2014_1525_600

バスが通る道にはすぐに出られました。反対側のバス停でバスを待ちます。
って、とってもわかりにくいんですけど、写真右の電柱のうえにくっついている黄色い看板…
(何故かこのあたり、ずっとiPhoneの魚眼で撮影していた…)


DSC00893_600

この黄色い看板がバス停のしるしです。知らないと見逃すな(^^;
ワロン圏のバスはTECという会社で(フランダースはDE LIJN)黄色と赤なのです。


DSC00894_600

電柱の横の鉄柱にはちゃんと時刻表もくっつくいてました。


DSC00890_600

ちなみにバス通りから駅に入る路地にはちゃんと
Gare→の看板が付いてましたが…これも小さくて多分見落とす(笑)


DSC00895_600

いざ、バスに乗り込み、運転手さんにRue Hausterという停留所に行くかと聞いたら、
止まらないと言われ(汗)ショードフォンテーヌには行くと言うので、思い切って乗車。
バスはこれが怖いんですよね。意外と運転手さんはすべての停留所の名前なんて把握してないし、
親切な人だと運行予定表で確認してくれるんだけど、そうじゃないと自分を信じて乗るしかない。

しかも、バス停の看板は小さくて車内からは見えないから、大体の到着時刻と勘が便りのバス旅(^^;
この時は偶然、このバス停で降りるお客さんがいて、停まった所で停留所の名前が見えて、
慌てて飛び降りたのでした。そうじゃなかったら、通過していたな…。


DSC00896_600

帰りはリエージュまでバスで行ってしまおうと思っていたので、時刻をチェック。
一応、夕方は本数あります。…絶対こんなに来ないんですけどね(^^;


DSC00897_600

バス停の所にデレーズというスーパーがあったので、次来る時はそれを目印にして
バスを降りればいいなとホっとしました。


DSC00898_600

目的地はバス停からちょっと歩いたところ。
ここはショードフォンテーヌの町外れになります。
バス通りをまっすぐ行くと、町の中心部、駅があるところ。
でも、目的地は左に曲がって橋を渡ります。


DSC00899_600

橋の入口に目的地の看板がありました。
「Château des Thermes」シャトー・デ・テルメ、スパリゾートホテルです☆
いかにも温泉保養地にありそうなホテルですね(^^;

(次回に続きます)

[シャトー・デ・テルメ@ショードフォンテーヌ]


 
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

アントワープ、裏道散歩で見つけたカフェ [風景。]

アントワープには毎年行くんだけど、まだ街歩きの達人にはなれてなく、
毎回ものすごい行き当たりばったりで歩いてます(^^;
でも、よほどのことがない限り、ちゃんとフロート・マルクトか
大聖堂にぶち当たるので、そこにたどり着ければ後は何とかなったりして(^^;
(初期の頃、一度そのランドマークにぶち当たらず、郊外まで歩いていったことがあるけど…笑)


DSC00574_800_600

フロート・マルクトや大聖堂があるエリアの路地裏は、
こんな風にクルマが入り込めない狭い路地が入り組んでいるんです。


DSC00577_800_600

そんな路地裏をうろうろしていた時に見つけた、ちょっとメルヘンちっくなカフェ。


DSC00575_800_600

学生さんの街、ルーバンにはよくこういうカフェあるけど、
アントワープでめずらしいかも?


DSC00576_800_600

ベンチもありました。しかし、この日はちょっと肌寒くて、
お昼時なのにお客さんだれもいなかった(^^;


DSC00578_800_600

この後、移動しなければならなかったので(レースのスタートを観た後だった…)
入店できなかったんですが、場所をチェックしておいて後日来ようと思い、
ストリート名を見てヒャッハー! なんと、「フランドルのライオン通り」じゃないですか!
当ブログでいつも紹介している、黄色地に黒いライオンちゃん、フランドルの紋章です☆
…しかし、何かハリーポッターにでも出てきそうな通りの名前ですね(^^)


DSC00582_800_600

アントワープはお土産屋さんもちょいちょいあります。


DSC00581_800_600

ちょうどイースターだったから、お約束な飾り付け♪


DSC00585_800_600

ベルギーでイチバン人気があるパン屋さん「パノス」のお店の前の塀にも
イースターのウサギちゃんが飾られていました。


DSC00579_800_600

オマケのフロート・マルクト。道に迷ってもココに出て来られれば、
後は駅までなんとなくわかるから大丈夫(笑)


[アントワープのメルヘンちっくなカフェは多分このあたり]



nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

久々ベルギーで見つけたビミョーな日本語…と、思ったら? [おもしろいにゃ〜。]

DSC00586_800.JPG

アントワープのショッピングストリートにあった、オサレな靴屋さんのショーウインドーで
ビミョーな日本語発見! と、この写真を撮った時には思ったわけですが、
後日調べてみたら、どうやら中国語で「靴」は「鞋」って書くみたいですね(^^;
イマドキ中国の方が観光客多いし、もしかして狙って使ったのかも??
ちなみに「Schoenen」というのがオランダ語で靴のことです。

鞋なんて漢字、初めて見ましたよ。カエラーにはどうしても蛙と読めてしまう(^^;

話は戻りますが、去年のブリュッセルのテロの影響で、
やっぱりベルギーを訪れる観光客が減っているんでそうです。
5月滞在中のニュースでやっていたんですが、特に日本からは45%減だとか。
確かに今年ブリュッセルやアントワープで見かけたのは、中国人観光客の団体ばかり。
グランプラス近くのタンタンショップには、中国人の店員さんがいますもんね(汗)

出稼ぎに戻ってからも、相変わらずヨーロッパのあちこちで小さなテロが続いていて、
不穏な情勢が続いています。海外へ行かれる方は、気をつけてくださいませ m( _ _)m

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行