So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

残念なブリュッセルワッフル@タリーズコーヒー [謎?]

男と女と菓子屋の祭典、別名バレンタインデーで盛り上がる2月。
タリーズコーヒーでこんなメニューが出ました。




ハイ、ブリュッセルワッフル、ショコラベリーですと(・∀・)
パンケーキが冷凍食品(?)で飲み物なタリーズなんで、絶対ガッカリするってわかってるんですが、
日本で「ベルギー」とか、ベルギーにまつわる単語を商品に付けられてしまうと、
受けて立たずにはいられない性分でして(笑)




トライしました! 770円です。
ワッフル部分がチョコなのに、アイスもチョコにしちゃう所がセンスないよなー。
絶対バニラの方が美味しいのに(^^; そしてベルギー人なら絶対生クリーム添えるはず。

注文後、店員さんを観察していたら、個包装されていたワッフルを取り出し
(冷凍庫かどうかは確認できず)電子レンジに投入してチン。
アイスとベリーを乗せて、ちゃちゃっと完成。
番号札を渡してテーブルに届ける必要ないくらい(つまりカウンターでしばらく待たされた)
短時間で完成しました(・∀・;)




しかし、電子レンジ加熱以前の問題で、多分元々パッサパサなワッフル(T_T)
暖かいうちはとりあえず柔らかいけど、冷めたらカッチカチになるヤツなので速攻食べました。
いやー、口の中の水分を全部持って行かれるヤツでした。
生地は重いのに、パサパサしているってどうよ…。
アイス溶けるのを待って、ワッフルをヒタヒタにしたかったけど、
電子レンジで加熱したものは、冷めると固くなるからそれもできず。
全て想定内とは言え、ここまで残念とは思いませんでした(T_T)


それでふと思ったんですが、日本人、というか日本の食品業界は、もしかしたら
ベルギーの2種類のワッフルの違いは「形」だと思っているんじゃないでしょうか??
ブリュッセルが四角で、リエージュが丸、みたいな。
原材料違うし、作り方の行程も違うから、全然違うものなのになー。
真四角のワッフルを半分に切って三角にして、オシャレに積み上げてくるのもハズレ。


DSC02560_800.JPG

昔紹介した、由緒正しいブリュッセルワッフル。基本正方形ではなく長方形。
フランドル地方のカフェでは、単に「ワッフル」って書いてあるとコレが出てきます。
以前にも書いたけど、ジャンボチョコモナカの皮みたいに軽くてパリパリサクサク食感。
鉱泉せんべいっぽいからガス水使うのかな? とにかく空気がいっぱい入っている感じ。
なのでお腹にはたまらないから、ご飯にはなりません(^^;
ワッフル自体もそんなに甘くないから、こんな風に粉砂糖をかけたり、
フルーツやアイス、大量の生クリームをのせて食べるのが定番デス。




リエージュワッフルはコレ。日本ではマネケンが頑張ったお蔭で、ほぼ近い形ですね。
まん丸よりも、ちょっと楕円形が定番ですけど。
パールシュガーという真珠大くらいの砂糖の塊がたくさん入っていて、
温めるとそれがいい感じに溶けかけて美味しい。
かなり甘いけど、ずっしり重くてご飯代わりになります。




実はこのワッフルは、リエージュではなくブリュッセル・ミディ駅のハーゲンダッツで食べたヤツ。
ミディ駅値段だったから、2.5ユーロか3ユーロか、それくらいしたと思います。

リエージュは毎年行くんですけど、わざわざワッフル買って食べないかなー。
ギユマン駅が改装する前、駅前にワッフルスタンドがあった時はよく買っていたけど、
改装後はなくなっちゃったんですよね。遅い時間でもやっているスタンドだったからよかったのに。

プルージュやブリュッセルの観光スポットでは、これにチョコをかけたりフルーツ乗せたりして
売っているけど、リエージュでは見たことないんです。観光地じゃないですからね(^^;
元々甘いから、プレーンで食べるもの。マネケンみたいな色んな味もないんじゃないかな?

ハーゲンダッツもそうですが、リエージュワッフルは焼いたやつが積み上げられていて、
注文するとホットプレス機に挟んで温めてくれます。
ベルギーは電子レンジで温めないから、安心して食べられます☆

日本でブリュッセルワッフルとして提供されるのは、スーパーで売っているパック入りの
ワッフルに近いかなー。個包装で日持ちして、ホームメイドワッフルみたいなヤツ。
…あ、そういえば店員さんが電子レンジに投入してたヤツ、個包装だったしな(・∀・;)


https://www.tullys.co.jp/menu/sweets/bruwaffle_mixberries.html

 
nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

もうすぐ里帰りです(^^)/* [おしらせ。]



…2月って短いから、終わると里帰りまで1ヶ月を切ってしまうんですよね(^^;
という訳で、今年も3月下旬からベルギーに里帰りしてきます。(←自称フラマン人)


今年もフライトはスカンジナビア航空を利用するんですか、エライ高かった(^^;
去年は9万円代で済んだのに、今年は12万5590円 (T_T) 3万くらい高い。

内訳は航空券が85000円、その他が40590円。
…この、「その他」って何だろうと思って確認したら、

国内線/国際線手数料 : 29620円
国際観光旅客税 : 1000円
旅客サービスおよび保安料 : 3840円
旅客サービス料 : 3520円
旅客サービス施設使用料 : 2090円
旅客保安サービス料 : 520円

…さっぱりわかりませんでした(^^;

一番上の「国内線/国際線手数料」がバカ高いんですが、これは払い戻し不可の航空券だと
払い戻してくれない手数料。空港使用税は「旅客サービス施設使用料」なのかな?
国際観光旅客税は最近できた税金だってわかるんですけど…。
燃料サーチャージャーが上乗せされているならわかるんですが、よくわからない内容でした。

ちなみに今回は初めて航空会社から直接購入しました。
毎年利用していたH.I.Sだと、航空会社直接より1万5000円以上高いんですよ(汗)
H.I.SはPontaカードの取り扱いもなくなっちゃったし、もうラウンジ利用券もくれないし。
何のサービスもないのでは、旅行会社通すメリットはゼロ。
今は航空会社のサイトから日本語で簡単に購入できますからね。
ちなみにH.I.Sの料金内訳だと、40590円は「諸税」になっていました。

たたでさえ不景気で稼ぎが少なくなっているのに、旅費がかさむのは辛い。
カメラのレンズを1本買おうかと思っていたんですが、今回は見送りですね(T_T)

航空券の予約をして、宿泊を全部押さえると一段落して、2月いっぱいは楽しめるんですが、
3月に入ると準備をしなければならなくなるんで、気持ちにゆとりがなくなってくるんですよね(汗)
そんな訳で、ブログ更新も滞るかもしれませんが、相変わらずのマイペースで行きます☆


nice!(29)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

スーパーマーケット探検隊♬ @カルフール・エクスプレス [海外生活。]

昨年ブルージュ駅前のホテルに滞在した時、駅前のカルフール・エクスプレスで
色々写真を撮っていたのでご紹介します。海外のスーパーマーケットって、
用事があろうとなかろうと(笑)探検するの面白いですよね☆




カルフールは言わずと知れたフランス系の大手スーパーマーケットチェーン。
日本にも一時期進出してました。エクスプレスが付くのは街中や駅前にある小さな店舗。
昔ベルギーにはGBというスーパーがあったんですが、カルフールに吸収されて
なくなっちゃいました。自転車チームのスポンサーだったから馴染み深かったんですが(T_T)




ベルギーでも数年ほど前からフレーバーウォーターが人気です。
まあ、元祖フレーバーウォーターと言えばペリエですから、なかった訳ではない(^^;
こちらはショードフォンテーヌというベルギーのブランド。
当ブログで紹介したことがある南部ワロンの町の水です☆(源流は行ってないけど…笑)
去年は結構コレ飲んでました。ルーバン近くのカルフールには、こんなに種類なかったけど(^^;




これは普通のミネラルウォーター。エビアンはディズニーパッケージでした。
観光地の駅前スーパーなので、2リットルの物より持ち歩けるサイズが豊富。そしてちょっと高め(^^;




ダノンのヨーグルトもディズニーコラボ。
友達にディズニー好きがいるので、海外行くと必ずチェックして写真送ります☆




スターバックス帝国がこんな所にまで進軍!(笑)
昔、ヨーロッパにはアイスコーヒーという概念がなくて、缶コーヒーもチルドコーヒーも
存在しなかった頃が懐かしいですね(^^) でも、最初にチルドコーヒー導入したのは確か
ネスカフェだったと思いました。一度だけ飲んだけど、甘過ぎたナ(・∀・;)
なので、このスタバのチルドコーヒーは怖くて飲めません。
まあ、基本日本にいてもコーヒーは真夏でもホット派なので。

…って、今気が付いたけどこの缶コーヒー、高っ(・∀・;)




ベルギーですっかりおなじみになった寿司弁当。以前Twitterからの写真投稿で紹介したのは
女性の名前が付いているものでしたが、こちらは男性名。ハルキはムラカミハルキの影響?
でも、ハヤトはどっから来ているのかわかりませんね。
多分、生魚が食べられない私でも食べられそうなラインナップだけど、食べようとは思わない(^^;




こっちは中華弁当。観光地のカルフールに行くと、お弁当も充実しています。
でも、イートインコーナーや自由に使える電子レンジはなかったと思うけど…。
駅前のイビスバジェットも、部屋にキッチンはないし。冷たいまま食べるのかな?




スーパーはお土産用のお菓子が安く帰るのもいいですよね。
これは日本でもプラザなんかで売っている有名なお菓子メーカーのマルグリット缶。
私も大昔、鳩の絵の缶を買って帰って、今でも小物入れにしています。




ベルギーではマカロンってこういう値段だから、日本でマカロンを
和菓子の練りきり感覚で売っているのが理解できません(^^;
この値段じゃあ、日本で2個買えないですよね。

昔滞在していた村では、パン屋さんでガラスのでっかい瓶にマカロンが無造作に入ってたなあ…。




これも観光地のお土産。地元のビール、ブルッグス・ゾットのビールとグラスのセット。
荷物にゆとりがあれば持って帰りたいですけどね〜。今は手荷物にはできないのが残念。




こちらはパンのお供、プレパレ。生の牛肉をペースト状にしたもので、
フィレ・アメリカンとも言うそうです。私はあまり得意ではない(^^;




私はこっち。ツナやチキンをマヨネーズで和えたペースト。
オホーツクが入っているヤツはスリミって名前なんだけど、この写真だと読み取れないな(^^;




こちらは知る人ぞ知る、リエージュ・シロップ。
リエージュのレースに行くと、試供品の小さいヤツ(ホテルの朝食に出るようなヤツ)が
もらえるんですが、私は苦手。これ、白樺か何かの木の樹液を煮詰めたものだと
大昔知り合いから教わったんですが、普通に色々な果物を煮詰めたものだということを
最近知りました。いや〜やはり何でも自分で調べてみないとダメですねえ(・∀・;)

ちなみにコレ、最近は日本でも売っているそうです。




ベルギーのスーパーと言えばコレ! でっかいケーキ、安っすい!(・∀・)
でも一人では食べられないので、未体験です。




さて、この日のお買い物はこんな感じ。ブルージュに滞在する間だけの食料と水。
イビスバジェットは部屋に冷蔵庫もないので、すぐ食べられる分だけ買いました。
水も大きいの買って飲みきれないと勿体無いから、小さいのをチョイス。




お昼兼朝ごはんセット。このサンドイッチパンは日本のコッペパンみたいなパンでお気に入り。
パンに付けるのはチキンのカレーマヨネーズペーストにしました(これが大好物)。
このハムは1ユーロでちょっとしか入っていなくて割高だけど、食べ切るには丁度いい量。
ちなみにペーストは一度に食べきれないので、窓辺の涼しい所で一晩保管(^^;
3月はまだ寒いから、窓にくっつけておくと結構冷えるし、カーテンで部屋の暖気も遮られるから。




湯沸かし器は持参しているので、インスタントのカプチーノも買いました。
これはカルフールブランドの安いものより、ネスカフェの方が美味しいんですよね。
でも、粉がキレイに溶けないで残っちゃうんですけど(笑)日本製だとちゃんと溶けるのにね。




ショードフォンテーヌは、このピンクのヤツがお気に入りでした。
確かフランボワーズ味だったかな。エビアンもフランボワーズ味。これは入れ物が可愛くて購入。




これはお土産用に買ったサッカーのベルギー代表、アザールのイラスト入りコカコーラ。
こんな滞在初期に荷物増やしてどーすんだって感じですが、こういうのは出会った時に
買っておかないと、意外と後で見つからなかったりするんですよね。
それで何度も痛い目に遭ってきているので(笑)学習しました(^^)/*



nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -